ログイン

ボランティア情報データベース powered by NPO法人ボランティアインフォ

[新規投稿 (要ログイン)]
ID:0000010607
主催団体
石巻復興きずな新聞舎
タグ

東日本大震災

タイトル
【3月石巻】仮設住宅・復興住宅での見守り・傾聴ボランティア募集!
概要

石巻市内の仮設住宅や復興住宅に伺って、住民さんとお話しながら、新聞を手渡しで配布する活動です。
震災当時のお話をする方もいれば、将来への不安や寂しさを口にする方もいます。
住民さんが抱えている問題を私たちが直接解決してあげることは出来ませんが、話しを聴いて、気持ちを受け止めてくれる人の存在が、前向きに生きるきっかけになるのではないかと思います。
ぜひ、仮設住宅・復興公営住宅に笑顔を届けに来てください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

活動内容

【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2019-01-08 〜 2019-03-26
活動日
  • 2019/03/30
  • 2019/03/31
表示日時

2019年3月30日(土)-31日(日)

活動場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
集合場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

若干名

宿泊

可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

参加費

活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

申込み方法

以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

画像URL

http://www.kizuna-shinbun.org/wp-content/uploads/2018/12/32995c1b26699ba6a03ad2ed757dbd67.jpg

その他

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

旧補足

■条件
*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

■募集期間
2019/03/26まで

■活動内容
【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

■活動日時
2019年3月30日(土)-31日(日)

■集合場所
石巻復興きずな新聞舎(石巻市駅前北通り1-5-3)

■活動場所
石巻市内の仮設住宅、復興公営住宅

■募集人数
若干名

■宿泊
可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

■参加費
活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

■お申し込み方法
以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010606
主催団体
東京都教育委員会
タグ

スポーツボランティア

タイトル
2/3(日)東京で開催の第10回中学生「東京駅伝」コース監視員ボランティア募集
概要

第10回となる本大会。年始で盛り上がった箱根駅伝。今度は未来の駅伝選手をスタッフウェアを着てサポートしませんか?調布の街で、家族や仲間と一緒にお手伝いしましょう!

情報入手先
メール
年齢条件
その他の条件

15歳以上(中学生を除く)の方
※18歳未満は保護者の同意が必要です。

活動内容

コース監視員(走路員)

カテゴリー

スポーツ

募集期間
2019-01-08 〜 2019-02-02
活動日
  • 2019/02/03
表示日時

2019年2月3日(日)8時30分から17時頃まで

活動場所
東京都
調布市西町376−3
35.663393, 139.525447
集合場所
東京都
調布市西町376−3
35.663393, 139.525447
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

100人
※定員になり次第終了

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールにて下記アドレスに
・名前
・電話番号
・住所
・性別
・年齢
・ボランティア経験の有無
を、記入の上お送りください。
info@fes-support.com

画像URL

その他

■問い合わせ
第10 回中学生「東京駅伝」大会 ボランティア事務局
渋谷区南平台町 12-6 南平台ベルウッドビル 301
電話 03-5784-0423 FAX 03-5784-0424
E-mail:info@fes-support.com
ホームページURL:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/school/content/physical_training_and_club_activity/ekiden.html

■団体情報
フェスサポ事務局
渋谷区南平台町 12-6 南平台ベルウッドビル 301
電話 03-5784-0423 FAX 03-5784-0424

■その他
・説明会はございません。ご不明点がありましたら、メールにてお問い合わせください。
・18歳以下の方への同意書は、メールでご案内させていただきます。
・活動に参加してくださった方には支給品がございます。
 スタッフウェア(フリーサイズ)支給
 お弁当(昼食)支給
 クオカード 1,000 円/人 支給

旧補足

■条件
15歳以上(中学生を除く)の方
※18歳未満は保護者の同意が必要です。

■募集期間
2月2日(土)まで

■活動内容
コース監視員(走路員)

■活動日時
2019年2月3日(日)8時30分から17時頃まで

■集合場所
アミノバイタルフィールド(味の素スタジアム内)・都立武蔵野の森公園特設周回コース

■活動場所
アミノバイタルフィールド(味の素スタジアム内)・都立武蔵野の森公園特設周回コース

■募集人数
100人※定員になり次第終了

■宿泊
なし

■参加費
なし

■申し込み方法
メールにて下記アドレスに
・名前
・電話番号
・住所
・性別
・年齢
・ボランティア経験の有無
を、記入の上お送りください。
info@fes-support.com

■お問い合わせ
第10 回中学生「東京駅伝」大会 ボランティア事務局
渋谷区南平台町 12-6 南平台ベルウッドビル 301
電話 03-5784-0423 FAX 03-5784-0424
E-mail:info@fes-support.com
ホームページURL:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/school/content/physical_training_and_club_activity/ekiden.html

■団体情報
フェスサポ事務局
渋谷区南平台町 12-6 南平台ベルウッドビル 301
電話 03-5784-0423 FAX 03-5784-0424

■その他
・説明会はございません。ご不明点がありましたら、メールにてお問い合わせください。
・18歳以下の方への同意書は、メールでご案内させていただきます。
・活動に参加してくださった方には支給品がございます。
 スタッフウェア(フリーサイズ)支給
 お弁当(昼食)支給
 クオカード 1,000 円/人 支給

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010605
主催団体
石巻復興きずな新聞舎
タグ

東日本大震災

タイトル
【3月石巻】仮設住宅・復興住宅での見守り・傾聴ボランティア募集!
概要

石巻市内の仮設住宅や復興住宅に伺って、住民さんとお話しながら、新聞を手渡しで配布する活動です。
震災当時のお話をする方もいれば、将来への不安や寂しさを口にする方もいます。
住民さんが抱えている問題を私たちが直接解決してあげることは出来ませんが、話しを聴いて、気持ちを受け止めてくれる人の存在が、前向きに生きるきっかけになるのではないかと思います。
ぜひ、仮設住宅・復興公営住宅に笑顔を届けに来てください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

活動内容

【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2019-01-08 〜 2019-03-13
活動日
  • 2019/03/16
  • 2019/03/17
表示日時

2019年3月16日(土)-17日(日)

活動場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
集合場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

若干名

宿泊

可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

参加費

活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

申込み方法

以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

画像URL

http://www.kizuna-shinbun.org/wp-content/uploads/2018/12/32995c1b26699ba6a03ad2ed757dbd67.jpg

その他

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

旧補足

■条件
*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

■募集期間
2019/03/13まで

■活動内容
【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

■活動日時
2019年3月16日(土)-17日(日)

■集合場所
石巻復興きずな新聞舎(石巻市駅前北通り1-5-3)

■活動場所
石巻市内の仮設住宅、復興公営住宅

■募集人数
若干名

■宿泊
可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

■参加費
活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

■お申し込み方法
以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010604
主催団体
石巻復興きずな新聞舎
タグ

東日本大震災

タイトル
【2月石巻】仮設住宅・復興住宅での見守り・傾聴ボランティア募集!
概要

石巻市内の仮設住宅や復興住宅に伺って、住民さんとお話しながら、新聞を手渡しで配布する活動です。
震災当時のお話をする方もいれば、将来への不安や寂しさを口にする方もいます。
住民さんが抱えている問題を私たちが直接解決してあげることは出来ませんが、話しを聴いて、気持ちを受け止めてくれる人の存在が、前向きに生きるきっかけになるのではないかと思います。
ぜひ、仮設住宅・復興公営住宅に笑顔を届けに来てください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

活動内容

【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

カテゴリー

災害支援

募集期間
2019-01-08 〜 2019-02-06
活動日
  • 2019/02/09
  • 2019/02/10
表示日時

2019年2月9日(土)-11日(月祝)

活動場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
集合場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

若干名

宿泊

可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

参加費

活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

申込み方法

以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

画像URL

http://www.kizuna-shinbun.org/wp-content/uploads/2018/12/32995c1b26699ba6a03ad2ed757dbd67.jpg

その他

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

旧補足

■条件
*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

■募集期間
2019/02/6まで

■活動内容
【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

■活動日時
2019年2月9日(土)-11日(月・祝)

■集合場所
石巻復興きずな新聞舎(石巻市駅前北通り1-5-3)

■活動場所
石巻市内の仮設住宅、復興公営住宅

■募集人数
若干名

■宿泊
可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

■参加費
活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

■お申し込み方法
以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010603
主催団体
石巻復興きずな新聞舎
タグ

東日本大震災

タイトル
【1月石巻】仮設住宅・復興住宅での見守り・傾聴ボランティア募集
概要

石巻市内の仮設住宅や復興住宅に伺って、住民さんとお話しながら、新聞を手渡しで配布する活動です。
震災当時のお話をする方もいれば、将来への不安や寂しさを口にする方もいます。
住民さんが抱えている問題を私たちが直接解決してあげることは出来ませんが、話しを聴いて、気持ちを受け止めてくれる人の存在が、前向きに生きるきっかけになるのではないかと思います。
ぜひ、仮設住宅・復興公営住宅に笑顔を届けに来てください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

活動内容

【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2019-01-08 〜 2019-01-22
活動日
  • 2019/01/26
  • 2019/01/27
表示日時

2018年1月26日(土)-27日(日)

活動場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
集合場所
宮城県
石巻市駅前北通り1-5-3
38.436505, 141.302695
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

若干名

宿泊

可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

参加費

活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

申込み方法

以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

画像URL

http://www.kizuna-shinbun.org/wp-content/uploads/2018/12/32995c1b26699ba6a03ad2ed757dbd67.jpg

その他

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

旧補足

■条件
*宮城県石巻市の拠点(石巻駅から徒歩5分)で現地集合・現地解散になります。石巻までの交通手段はご自身で手配をお願いします(拠点から活動場所への移動はこちらで車を用意します)。
*活動時間は初日8:30〜18:00、二日目9:15〜17:30を予定しています。
*この活動を長く続けていくために、県外の方の初回参加時のみ活動協力金(一人3000円、学生・賛助会員1000円)をお願いしています。ご協力いただいた方には、石巻復興きずな新聞のポストカードをプレゼントします。
*各自でボランティア活動保険のご加入をお願い致します。

■募集期間
2019/01/22まで

■活動内容
【一日のスケジュール(例)】
<初日>
 08:30 集合、オリエンテーション
 10:30 拠点出発
 11:00 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:30 活動終了
 17:00 振り返りの会
 18:00 解散⇒夕食、お風呂など

<2日目>
 06:00 日和山へ出発(希望者のみ)
 06:30 日和山体操参加(希望者のみ)
 09:15 オリエンテーション
 09:45 拠点出発
 10:15 新聞配布活動
 12:30 お昼休み
 13:30 新聞配布活動
 16:00 活動終了
 16:30 振り返りの会
 17:30 解散

■活動日時
2018年1月26日(土)-27日(日)

■集合場所
石巻復興きずな新聞舎(石巻市駅前北通り1-5-3)

■活動場所
石巻市内の仮設住宅、復興公営住宅

■募集人数
若干名

■宿泊
可能
寝具あり。1泊500円以上の寄付をお願いします。

■参加費
活動の継続のため、活動協力金(社会人3000円、学生・賛助会員1000円)へのご協力をお願いします。

■お申し込み方法
以下の申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.kizuna-shinbun.org/2018/12/09/blog-60/

■団体情報
【団体名】石巻復興きずな新聞舎
【所在地】〒986-0813 宮城県石巻市駅前北通り1-5-3
【連絡先】TEL:090-6686-8317 FAX:050-3488-1702
【e-mail】kasetsukizuna@gmail.com
【URL】http://www.kizuna-shinbun.org/

■お問合せ
kasetsukizuna@gmail.com

■その他・備考
石巻復興きずな新聞とは・・・
2011年10月~2016年3月まで、ピースボート災害ボランティアセンターが石巻市内の仮設住宅向けに発行・配布してきた無料情報紙「仮設きずな新聞」の後継紙。「最後のひとりが仮設住宅を出るまで」を目標に、2016年6月創刊。市内全仮設住宅および市街地の復興住宅に無料で配布。毎月10日、約6000部発行。

石巻復興きずな新聞舎では、これまで年間150~200名ほどの県外からのボランティアの受け入れや活動のコーディネートを行なってきました。
その多くは初めてご参加される方です。
「被災地の現状を知りたい」「東北のために何かできることがあれば」
そんな気持ちで石巻に足を運んでくださる方々が、震災から7年以上経つ今も大勢いるのは、大変ありがたく、そして心強く思います。
また震災からの時間の経過と共に、被災地の現状が報道などで取り上げられることも少なくなっている中で、私たちの活動を通して県外の方に「被災地の今」を知っていただけるのは、大きな意義があると考えています。
しかし、仮設住宅の入居件数が大きく減少し、復興公営住宅での活動が多様化するなど、団体の活動も少しずつ変化しています。そのなかで新規のボランティアさんを受け入れ、その期待に応えつつ、団体として安定的に活動を続けていくことが難しくなってきました。
そのような状況をふまえ、石巻復興きずな新聞舎では2019年4月以降、県外からの新規のボランティアの受け入れは行なわないことにしたいと思います。
新規のボランティアさんを受け入れる際には、毎回約2時間のオリエンテーションを実施し、石巻の現状や課題、この活動の意義や注意点をお伝えしています。
活動中も、新規の県外ボランティアさんをサポートするために、ベテランボランティアが終日活動を共にします。
振り返りの会などでのフォローも必要で、スタッフやベテランボランティアは、住民さんよりも県外の新規ボランティアさんとのコミュニケーションに時間をかけています。
しかし現在は、単に人手が必要とされる活動はほとんどない一方で、ひとりひとりの住民さんと時間をかけて向き合い、きめ細かな活動をすることがこれまで以上に大切になっています。
最も多いときで7000戸を超えていた仮設住宅はいま、100世帯程度まで減少しています。今も仮設住宅に住んでいる皆さんは、基本的には「引っ越す家の完成を待っている」など行き先が決まっている方々です。それでも、広い団地にたった1世帯で暮らしていることで強いストレスを抱えている人が少なくありません。
また、復興公営住宅への移転が進み、入居からある程度の時間が経つなかで、ご近所づきあいができず、孤立を深めている方も大勢います。
そのようななかで団体として充実した活動を続けるためには、ベテランボランティアのパワーを、一度だけ参加されるボランティアさんに向けるのが難しいという結論に達しました。
とはいえ、ボランティアさんの力は必要です。
県内からのボランティア、過去にきずな新聞の活動に参加したことのあるリピーターボランティアの受け入れは今後も続けていく予定です(というか、大歓迎です!!ぜひ来てください!!)。
1~3月までは、新規の県外ボランティアさんも募集いたします。
「いつかきずな新聞の活動に参加したいな」
そんな風にお考えの方がもしいらっしゃれば、ぜひ1~3月の間に一度参加してください。
一度参加していたければ、次回からは「リピーターボランティア」です。いつでも活動に参加することができます。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010602
主催団体
日本財団学生ボランティアセンター
タグ

東日本大震災

タイトル
【交通費宿泊費負担】福島県いわき市 1/11-1/13 大学生ボランティア募集!
概要

東日本大震災から7年。
当センターでは2011年4月~現在までに延べ1万人以上の学生が現地で活動に携わってきました!
7年目を迎えた「今」だから知ること、できることがあります。
震災や被災された方の生の声を「聴く・知る・学ぶ」だけでなく、地元の方が復興に向けて取り組んでいる活動のお手伝いを行い、「被災地」「被災者」ではなく、関わる地元の方たちと学生たちの関係を築いていくことを目標に活動していきます!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・お申し込み時と終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生
(未成年の方は、ご両親の承諾を得てからの参加をお願いいたします。)
・被災者の方の立場にたって、力になりたいという気持ちを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・集団生活を滞りなくできる方
・寝袋、ながぐつ、軍手など持参必須のものを用意できる方(Gakuvoで貸し出しはできません)

活動内容

地元の農家さんや地域で行われるイベントといった体を使う活動だけでなく、震災当時~現在に至るまでの福島の状況についてお話しを伺い、【知る・考える】プログラムも予定しています。

・原発事故によって風評被害の影響を受けている福島県の農業。実際に農業プロジェクトに取り組む現地NPO法人や農家さんで活動をしながら、風評被害に対する取り組みや想いを伺います。
・震災当時のお話しを現地の方から伺います。
・2015年9月5日に避難指示が解除された楢葉町及び2017年4月に一部を除き避難指示が解除された富岡町方面の視察(短時間の滞在ですが、各自判断してご応募ください。また日々復旧・復興作業が進められている関係で予定している場所に行けない場合がありますが、現地の状況が第一優先ですので予めご了承ください。)
・毎晩、その日の出来事や活動を通して感じたことを振り返るミーティングを行います。
様々な場所から集まったメンバーと共に、気づきを深め合います。
※当日までに訪問場所や活動内容は変更になることがあります。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-12-20 〜 2019-01-04
活動日
  • 2019/01/11
  • 2019/01/13
表示日時

2019年1月11日(金)17:20~1月13日(日)22:00

活動場所
福島県
いわき市
37.05042, 140.887682
集合場所
東京都
港区虎ノ門1丁目11
35.66852, 139.749916
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

10名程度(但し定員に達し次第締め切ります)

宿泊

可能
1部屋3~4人で寝袋を使って雑魚寝します。(男女別)

参加費

Gakuvo支援金 1,000円 ボランティア保険 1,400円 食事代、銭湯代 (東京駅⇔現地の交通費は負担しますが、ご自宅から東京までの交通費は自費になります。)

申込み方法

webサイトからお申し込みをお願いします。
http://gakuvo.jp/event/9174.html
※お申込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので上記お問い合わせ先までご連絡ください(12月29日~1月7日は年末年始休暇となります)。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※お申し込みフォームに記載するメールアドレスは、お間違いのないようにご記入ください。
※必ずgakuvo.shien@gmail.comからのメールを受け取れるよう受信設定をお願いします。
(時々、受付完了メールがエラーで戻ってきてしまう方がいますので、必ずご確認ください。)

画像URL

http://gakuvo.jp/possibilities/wp-content/uploads/2018/11/4092da7fa6eac69f25242035203cacaf-500x282.jpg

その他

■お問合せ
日本財団学生ボランティアセンター佐藤、室井 TEL:03-6206-1529/Mail:gakuvo.shien@gmail.com

■情報元URL
http://gakuvo.jp/

■団体情報
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529
FAX:03-6206-1530
Mail:gakuvo.info@gmail.com
(火~土 10:00~20:00)※月・祝祭日を除く

旧補足

■条件
・お申し込み時と終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生
(未成年の方は、ご両親の承諾を得てからの参加をお願いいたします。)
・被災者の方の立場にたって、力になりたいという気持ちを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・集団生活を滞りなくできる方
・寝袋、ながぐつ、軍手など持参必須のものを用意できる方(Gakuvoで貸し出しはできません)

■募集期間
2019年1月4日まで

■活動内容
地元の農家さんや地域で行われるイベントといった体を使う活動だけでなく、震災当時~現在に至るまでの福島の状況についてお話しを伺い、【知る・考える】プログラムも予定しています。

・原発事故によって風評被害の影響を受けている福島県の農業。実際に農業プロジェクトに取り組む現地NPO法人や農家さんで活動をしながら、風評被害に対する取り組みや想いを伺います。
・震災当時のお話しを現地の方から伺います。
・2015年9月5日に避難指示が解除された楢葉町及び2017年4月に一部を除き避難指示が解除された富岡町方面の視察(短時間の滞在ですが、各自判断してご応募ください。また日々復旧・復興作業が進められている関係で予定している場所に行けない場合がありますが、現地の状況が第一優先ですので予めご了承ください。)
・毎晩、その日の出来事や活動を通して感じたことを振り返るミーティングを行います。
様々な場所から集まったメンバーと共に、気づきを深め合います。
※当日までに訪問場所や活動内容は変更になることがあります。

■活動日時
2019年1月11日(金)17:20~1月13日(日)22:00

■集合場所
日本財団第2ビル 日本財団学生ボランティアセンター会議室 地下鉄銀座線「虎ノ門駅」4番出口より徒歩5分

■活動場所
福島県いわき市

■募集人数
10名程度(但し定員に達し次第締め切ります)

■宿泊
可能
1部屋3~4人で寝袋を使って雑魚寝します。(男女別)

■参加費
Gakuvo支援金 1,000円 ボランティア保険 1,400円 食事代、銭湯代 (東京駅⇔現地の交通費は負担しますが、ご自宅から東京までの交通費は自費になります。)

■お申し込み方法
webサイトからお申し込みをお願いします。
http://gakuvo.jp/event/9174.html
※お申込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので上記お問い合わせ先までご連絡ください(12月29日~1月7日は年末年始休暇となります)。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※お申し込みフォームに記載するメールアドレスは、お間違いのないようにご記入ください。
※必ずgakuvo.shien@gmail.comからのメールを受け取れるよう受信設定をお願いします。
(時々、受付完了メールがエラーで戻ってきてしまう方がいますので、必ずご確認ください。)

■お問合せ
日本財団学生ボランティアセンター佐藤、室井 TEL:03-6206-1529/Mail:gakuvo.shien@gmail.com

■情報元URL
http://gakuvo.jp/

■団体情報
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529
FAX:03-6206-1530
Mail:gakuvo.info@gmail.com
(火~土 10:00~20:00)※月・祝祭日を除く

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010601
主催団体
Voiceみちしるべを贈るクリスマス
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
12月22.23.24日岩手・宮城・福島で風船打上げのクリスマスイベントボラ募集
概要

2011年のクリスマスから、続けてきました。
一過性のボランティア活動にとどまらず、お子様方の成長と家族・地域の関わりが重要であることから、その関わりのサポートとして、お子様からサンタへ手紙を書いてもらい、夢に近づくヒントしてのプレゼントやメモリアルイベントを贈っています。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

支給等、基本的にございません。ご了承ください。年齢・経験は問いません。お子さん好きで世話好きな方は大変助かります。

活動内容

撮影・風船づくり・盛り上げ等々、幅広くお力添えください。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-12-15 〜 2018-12-21
活動日
  • 2018/12/22
表示日時

12月22、23、24日

活動場所
宮城県
名取市下増田南原
38.143669, 140.923307
集合場所
岩手県
陸前高田市
39.027661, 141.625495
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

車両同乗2名、現地集合現地解散は制限なし

宿泊

要相談
宿泊地は決まっています。ご宿泊の際はご連絡ください。

参加費

なし

申込み方法

詳細はブログご参照ください。
TEL 090-2634-8336
email xmas.for.tohoku@gmail.com
アメブロ https://ameblo.jp/santa-p/entry-12422456765.html

画像URL

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=326x10000:format=jpg/path/s5c1532c0f15c48e3/image/ib21e5b82725b72a8/version/1544524192/image.jpg

その他

■団体情報
Voiceみちしるべを贈るクリスマス
https://michishirubejapan.jimdofree.com/
私たちはいかなる政治、宗教、経済、その他すべての勢力の影響を受けません。
自然災害・事故など不慮の困難に直面し失意にある方々に、夢、希望、勇気の灯をもたらさんとする主旨に賛同した有志が離合集散し、純然たる慈善活動を行う任意の活動体です。

旧補足

■条件
支給等、基本的にございません。ご了承ください。年齢・経験は問いません。お子さん好きで世話好きな方は大変助かります。

■募集期間
2018年12月21日まで

■活動内容
撮影・風船づくり・盛り上げ等々、幅広くお力添えください。

■活動日時
12月22、23、24日

■集合場所
基本現地集合・解散。22日11時半(仙台空港)、23日15時半(栃ヶ沢公営住宅)、24日17時(小高駅)は可

■活動場所
岩手県陸前高田、大船渡、一関、雫石、奥州、矢巾町、遠野、宮城県気仙沼市、福島県南相馬

■募集人数
車両同乗2名、現地集合現地解散は制限なし

■宿泊
要相談
宿泊地は決まっています。ご宿泊の際はご連絡ください。

■参加費
特に設けていません。

■お申し込み方法
詳細はブログご参照ください。
TEL 090-2634-8336
email xmas.for.tohoku@gmail.com
アメブロ https://ameblo.jp/santa-p/entry-12422456765.html

■団体情報
Voiceみちしるべを贈るクリスマス
https://michishirubejapan.jimdofree.com/
私たちはいかなる政治、宗教、経済、その他すべての勢力の影響を受けません。
自然災害・事故など不慮の困難に直面し失意にある方々に、夢、希望、勇気の灯をもたらさんとする主旨に賛同した有志が離合集散し、純然たる慈善活動を行う任意の活動体です。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010600
主催団体
認定NPO法人あっちこっち
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【1月16日(水)横浜市】被災地に届けるお菓子を一緒に作りませんか♪
概要

私たちNPO法人あっちこっちでは、定期的に東日本大震災、熊本大震災で被害にあった方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。 音楽とともに、手作りのお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるためのボランティアのお手伝いをしませんか。 カフェ・タイムでは、被災地の様子もお話します♪

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

活動内容

被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。また支援金一口1,500円をお願いいたします。会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

カテゴリー
募集期間
2018-12-14 〜 2019-01-15
活動日
  • 2019/01/16
表示日時

1月16日(水)9:30〜12:30

活動場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.430582, 139.644448
集合場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.430582, 139.644448
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

15名

宿泊

なし

参加費

支援金一口1,500円を任意でお受けしています。

申込み方法

メールにてお申し込みください。
info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/207804603459539/

画像URL

その他

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com/

■主催団体
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308
〒231-0852
神奈川県横浜市中区西竹之丸61−5

■その他・備考
被災地のことで何かしたいけれど、現地に行くのが難しい方、少しでも力になりたいけれど、何から始めればいいのか分からない方。ぜひお菓子を作りながら気軽で楽しいボランティア活動で、被災地の方たちとつながる体験をしてみてください♪
私たちNPO法人あっちこっちでは、東日本大震災で被害にあわれた方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。音楽と共に、甘いお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるお手伝いをしませんか。カフェ・タイムでは、活動紹介や被災地の様子もお話します♪
今回も熊本地震の被害にあわれた益城町の仮設住宅集会所で開催されている「おひさまカフェ」と、福島県大熊町から避難されてきたいわき市内仮設住宅自治会でのカフェにお届けします。
今回作るお菓子は、"クッキー”と”ケーキ”の予定です。ご参加をお待ちしています。
FB:https://www.facebook.com/events/207804603459539/

旧補足

■募集期間
2019年1月16日まで

■活動内容
被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。また支援金一口1,500円をお願いいたします。会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

■活動日時
1月16日(水)9:30〜12:30

■集合場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■活動場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■募集人数
15名

■宿泊
なし

■参加費
支援金一口1,500円を任意でお受けしています。

■お申し込み方法
メールにてお申し込みください。
info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/207804603459539/

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com/

■主催団体
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308
〒231-0852
神奈川県横浜市中区西竹之丸61−5

■その他・備考
被災地のことで何かしたいけれど、現地に行くのが難しい方、少しでも力になりたいけれど、何から始めればいいのか分からない方。ぜひお菓子を作りながら気軽で楽しいボランティア活動で、被災地の方たちとつながる体験をしてみてください♪
私たちNPO法人あっちこっちでは、東日本大震災で被害にあわれた方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。音楽と共に、甘いお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるお手伝いをしませんか。カフェ・タイムでは、活動紹介や被災地の様子もお話します♪
今回も熊本地震の被害にあわれた益城町の仮設住宅集会所で開催されている「おひさまカフェ」と、福島県大熊町から避難されてきたいわき市内仮設住宅自治会でのカフェにお届けします。
今回作るお菓子は、"クッキー”と”ケーキ”の予定です。ご参加をお待ちしています。
FB:https://www.facebook.com/events/207804603459539/

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010599
主催団体
どこでも足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【1月】福島の被災者の話し相手になり心の復興をお手伝いするボランティア募集
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
18 歳 〜
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催
・マッサージ(経験者限定)

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-12-12 〜 2019-01-15
活動日
  • 2019/01/19
  • 2019/01/20
表示日時

2019年1月19日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 1月20日(日)21:00頃 新宿着

活動場所
福島県
いわき市
37.050361, 140.886946
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.691329, 139.705949
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

8名

宿泊

可能
特定非営利活動法人 Global Mission Japan 〒970-8026 福島県いわき市平字尼子町2番地の7 電話 0246-23-5490 https://globalmissionjapan.com/

参加費

無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

申込み方法

メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯いわき〇クルー」)
を記入のうえ、以下の世話役までメールください。

どこでも足湯隊 世話役
久保田正雪 拝
mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp

画像URL

その他

■集合場所
新宿駅西口 参加者に地図を送付します

■活動場所
福島県南いわき市

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp 070-5589-5552

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊
https://www.freeml.com/bl/11855636/
どこでも足湯隊 世話役
久保田正雪 拝
mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp
TEL 070-5589-5552

旧補足

■条件
・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
2019年1月15日まで

■活動内容
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催
・マッサージ(経験者限定)

■活動日時
2019年1月19日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 1月20日(日)21:00頃 新宿着 

■集合場所
新宿駅西口 参加者に地図を送付します

■活動場所
福島県南いわき市

■募集人数
8名

■宿泊
可能
特定非営利活動法人 Global Mission Japan 〒970-8026 福島県いわき市平字尼子町2番地の7 電話 0246-23-5490 https://globalmissionjapan.com/

■参加費
無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

■お申し込み方法
メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯いわき〇クルー」)
を記入のうえ、以下の世話役までメールください。

どこでも足湯隊 世話役
久保田正雪 拝
mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp 070-5589-5552

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊
https://www.freeml.com/bl/11855636/
どこでも足湯隊 世話役
久保田正雪 拝
mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp
TEL 070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010598
主催団体
一般社団法人震災復興支援協会Tsunagari
タグ

平成30年7月豪雨

タイトル
【平成30年7月豪雨】Tsunagariが岡山での災害ボランティア募集
概要

つながりでは12月21日まで引き続き岡山県倉敷市真備町での支援活動を継続させて頂きます。
老若男女問わずどなたでも能力関係なく出来ることがあります!
どうか1人でも多くのボランティア参加をお待ちしております。力をお貸しください!
・事前 高速無料申請可能
・ボランティア保険加入可能 無料(事前加入推奨)
・備品レンタル可能 無料
・無料送迎あり[応相談・要予約]
・団体受け入れ可能

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・初心者歓迎、障がい者の方受け入れ可能
・女性・学生の方、お子様歓迎 年齢不問
・大学生歓迎!ボランティア活動証明書発行できます。

活動内容

家具の移動等、未経験でも出来る簡単な作業です。
※1日の流れ※
8時受付
8時30分朝礼
9時頃出発
12時〜13時 昼休憩
13時から16時まで活動
16時30分から終礼

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-12-01 〜 2018-12-21
活動日
随時 (2018-12-01 〜 2018-12-21)
表示日時

8:00~16:30

活動場所
岡山県
倉敷市連島町西ノ浦910
34.551672,
集合場所
岡山県
倉敷市連島町西ノ浦910
34.551672, 133.706396
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

宿泊

可能です。
宿泊設備  お風呂、トイレあり ・男女別部屋あり、宿泊無料 ・ガスコンロあり、自炊可能 ・洗濯機、布団あり ・古民家なのでアットホーム ・駐車場10台以上あり ・インスタント・レトルト食品、飲み物無料

参加費

なし

申込み方法

お名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、参加日、参加人数を記載のうえ、tsunagari311@gmail.comまでメール、もしくは080-8219-0311までお電話でお申し込みください

画像URL

その他

■お問合せ
080-8219-0311

■情報元URL
http://tsunagari-project.com/

■主催団体
一般社団法人震災復興支援協会 つながり
当団体は東日本大震災から発足し、全国各地の被災地復興に貢献する事を目的とし設立された団体です。
被災地からの恩返し(恩送り)として全国大規模災害地での初動緊急災害支援活動として現地にボランティア拠点を設置し、避難所運営サポート、物資の受け入れ仕分け搬送、炊き出し、ガレキ撤去などを行なっております。
南三陸本部:宮城県本吉郡南三陸町歌津字大沼218-85    
仙台事務所:宮城県仙台市青葉区小田原5-3-40-311
フェイスブック https://www.facebook.com/tsunagari311/
緊急災害支援 FBページhttps://www.facebook.com/saigaishen/

■その他・備考
岡山拠点で下記の物資を募集してます。
●カップラーメン
●カップ焼きそば
●粉末スープ・飲料(お湯で溶かして飲めるもの。ココアやノンカフェインのラテ形など)
●小さい缶のジュース類

●活動支援金も募集中です。
活動支援金の振込口座はこちら
http://tsunagari-project.com/donate/

旧補足

■条件
・初心者歓迎、障がい者の方受け入れ可能
・女性・学生の方、お子様歓迎 年齢不問
・大学生歓迎!ボランティア活動証明書発行できます。

■募集期間
2018年12月21日まで

■活動内容
家具の移動等、未経験でも出来る簡単な作業です。
※1日の流れ※

8時受付
8時30分朝礼
9時頃出発
12時〜13時 昼休憩
13時から16時まで活動
16時30分から終礼

■活動日時
随時 8:00~16:30

■集合場所
つながり岡山拠点 〒712-8001 岡山県倉敷市連島町西ノ浦910

■活動場所
岡山県倉敷市真備町

■宿泊
可能です。
宿泊設備  お風呂、トイレあり ・男女別部屋あり、宿泊無料 ・ガスコンロあり、自炊可能 ・洗濯機、布団あり ・古民家なのでアットホーム ・駐車場10台以上あり ・インスタント・レトルト食品、飲み物無料

■参加費
なし

■お申し込み方法
お名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、参加日、参加人数を記載のうえ、tsunagari311@gmail.comまでメール、もしくは080-8219-0311までお電話でお申し込みください

■お問合せ
080-8219-0311

■情報元URL
http://tsunagari-project.com/

■主催団体
一般社団法人震災復興支援協会 つながり
当団体は東日本大震災から発足し、全国各地の被災地復興に貢献する事を目的とし設立された団体です。
被災地からの恩返し(恩送り)として全国大規模災害地での初動緊急災害支援活動として現地にボランティア拠点を設置し、避難所運営サポート、物資の受け入れ仕分け搬送、炊き出し、ガレキ撤去などを行なっております。
南三陸本部:宮城県本吉郡南三陸町歌津字大沼218-85    
仙台事務所:宮城県仙台市青葉区小田原5-3-40-311
フェイスブック https://www.facebook.com/tsunagari311/
緊急災害支援 FBページhttps://www.facebook.com/saigaishen/

■その他・備考
岡山拠点で下記の物資を募集してます。
●カップラーメン
●カップ焼きそば
●粉末スープ・飲料(お湯で溶かして飲めるもの。ココアやノンカフェインのラテ形など)
●小さい缶のジュース類

●活動支援金も募集中です。
活動支援金の振込口座はこちら
http://tsunagari-project.com/donate/

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010597
主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【2019年1月・福島】郡山市で、子供たちのために水を配布するボランティア募集
概要

福島では子供のいるお母さん方は(特に乳幼児、児童)、ごはんを炊くにも、味噌汁を作るにも、学校へ持たせる水もみな、ミネラルウォーターを使用している方が多いです。それは、震災当初から現在もあまり変わりません。8年目を迎えた今は、消えることのない放射能が与える子供たちの影響への不安、そして努力しつづけることに疲れているのが現状です。その母親により添い続ける大切な働きの一つとして、水の配布を継続しています

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・現地集合解散できる方
(電車で来られ方は郡山駅から現地すぐ前までバスが出ていますので、バスでお越しください。詳細はメールにてお知らせいたします。帰りの送迎は可能です。)
・18才未満の方は親御さんの承諾をお願いします。(おうちの方と連絡が取れるよう、家の電話又は携帯番号をお知らせください。)
・火曜日は、お昼をご持参下さい。

活動内容

毎月約2000名への、妊産婦、0~18歳に、ミネラルウォーターを配布しております。一日、約300~400名分の水等を月5回に分け配布しています。その水の荷卸し、車への詰め込み作業をお願いします。一人につき4ケース差し上げています。その他、ジュース、食品などもありますので5ケース~6ケースほどになります。
女性の方は荷物運びではなく細々とした仕分けの作業や、子供たちのお世話などをお願いしております。運びが出来る方にはそちらもお願いしています。また、ボランティアの方が多い日は、配布倉庫の整理をお願いすることもあります。

カテゴリー
募集期間
2018-12-01 〜 2019-01-10
活動日
  • 2019/01/08
  • 2019/01/12
  • 2019/01/15
  • 2019/01/19
表示日時

1月5日(土)、8日(火)、12日(土)、15日(火)、19日(土)1クール午後2時30分~4時30分、(1時間休憩後)2クール午後5時30分~7時 火曜日は左記に加え午前10時30分~12時(お昼休憩あり)

活動場所
福島県
郡山市逢瀬町多田野宮南2
37.3971687, 140.2706185
集合場所
福島県
郡山市逢瀬町多田野宮南2
37.3971687, 140.2706185
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

毎回7~8名

宿泊

要相談

参加費

なし

申込み方法

メールでお名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、希望参加日(時間)、交通手段、簡単な参加理由をご記入の上、「ボランティア募集の件」と記載し、fukushimainochinomizu@gmail.comまで、お申し込みください。
18歳未満の方は、親御さんの承諾を得、家の電話番号または、親御さんの携帯番号を記載して下さい。
バス時刻表詳細希望(片道660円)があれば記載下さい。
メールが難しい方は、お電話でどうぞ。

画像URL

https://www.facebook.com/fukushimainochinomizu/photos/p.1929738880391870/1929738880391870/?type=1&theater

その他

■主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

■お問合せ
090-7079-5011 代表 坪井

■情報元URL
http://fukushimainochinomizu.com

■団体情報
「ひとりの子のいのちを救うために」というキャッチフレーズのもと、ミネラルウォーターの無償配布により、内部被爆を軽減し(個人支援)、放射能被害を受けた母親達に、傾聴の場としてのサロン座談会を提供し(組織的支援)、更に、通勤圏内避難住居の建設(生活環境的支援)によって、児童とその保護者とに、希望と生きる強い意志を喚起することで、放射能症軽減、不安による堕胎、社会崩壊を防止することを目的とし活動開始。

2015年からは、サンタクロースオペレーション開始。配布場を方八町から多田野へ(以前の7~8倍の広さ)移し、プロジェクトを実行するため、プロジェクトキャラクターとして、サンタクロースを用いたサンタクロースオペレーションを実行する。センターをサンタハウスに作り、子供達がポジティブな環境の中で、これらのケアーを受けることができるように、サンタハウス(遊戯場、セミナー室)とサンタランド(保養キャンプ)で、子供達の夢と希望の物語(サンタクロースオペレーション)を創って行く。

2015年11月よりシリア難民支援開始。~福島の子どもたちからシリアの子どもたちへ~
2016年4月 第1回シリア難民支援物資輸送完了
2017年4月より「おばあちゃんと子ども食堂」開始
第2回シリア難民支援物資輸送準備開始
2018年3月末 第2回シリア難民支援物資輸送

7年が過ぎた現在は、上記の活動と共に、今も変わらない母親の不安に寄り添い続けることを大切にしている。

水配布住所)福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2 サンタハウス
事務所)福島県郡山市安積1-3-5
代表電話)090-7079-5011(坪井)

■その他・備考
福島県の中通りは、低放射能地域です。常に、0.2~0.6μシーベルトの中で生活しています。
またホットスポットもいたる所にあり、すべてを把握することは難しい状況です。その中で、放射能の影響を大人より5倍も多く受ける子供を持つ親は気が休まる時はありません。常に不安な思いを持ちつつも、最善の努力をしています。水はとても大切です。ですが、それ以上にこの現実を知ることが大事だと思っております。どうぞ、福島を見て知って下さい。(2011年~2015年頃)
> > 2018年の現在、放射線量はだいぶ下がり、放射能の話をすること自体疲れた雰囲気が福島にはあります。その中で、お母さん方の押し殺した不安は続いています。ガンや突然死などが多いことも一つです。福島に来て、見て、話を聴いて下さることが、とても大きいボランティアとなります。ご支援よろしくお願いいたします。

旧補足

■条件
・現地集合解散できる方
(電車で来られ方は郡山駅から現地すぐ前までバスが出ていますので、バスでお越しください。詳細はメールにてお知らせいたします。帰りの送迎は可能です。)
・18才未満の方は親御さんの承諾をお願いします。(おうちの方と連絡が取れるよう、家の電話又は携帯番号をお知らせください。)
・火曜日は、お昼をご持参下さい。

■募集期間
2019年1月10日まで

■活動内容
毎月約2000名への、妊産婦、0~18歳に、ミネラルウォーターを配布しております。一日、約300~400名分の水等を月5回に分け配布しています。その水の荷卸し、車への詰め込み作業をお願いします。一人につき4ケース差し上げています。その他、ジュース、食品などもありますので5ケース~6ケースほどになります。
女性の方は荷物運びではなく細々とした仕分けの作業や、子供たちのお世話などをお願いしております。運びが出来る方にはそちらもお願いしています。また、ボランティアの方が多い日は、配布倉庫の整理をお願いすることもあります。

■活動日時
1月5日(土)、8日(火)、12日(土)、15日(火)、19日(土)1クール午後2時30分~4時30分、(1時間休憩後)2クール午後5時30分~7時 火曜日は左記に加え午前10時30分~12時(お昼休憩あり)

■集合場所
FUKUSHIMAいのちの水 サンタハウス 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2

■活動場所
FUKUSHIMAいのちの水 サンタハウス 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2

■募集人数
毎回7~8名

■宿泊
要相談

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールでお名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、希望参加日(時間)、交通手段、簡単な参加理由をご記入の上、「ボランティア募集の件」と記載し、fukushimainochinomizu@gmail.comまで、お申し込みください。
18歳未満の方は、親御さんの承諾を得、家の電話番号または、親御さんの携帯番号を記載して下さい。
バス時刻表詳細希望(片道660円)があれば記載下さい。
メールが難しい方は、お電話でどうぞ。

■主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

■お問合せ
090-7079-5011 代表 坪井

■情報元URL
http://fukushimainochinomizu.com

■写真
https://www.facebook.com/fukushimainochinomizu/photos/p.1929738880391870/1929738880391870/?type=1&theater

■団体情報
「ひとりの子のいのちを救うために」というキャッチフレーズのもと、ミネラルウォーターの無償配布により、内部被爆を軽減し(個人支援)、放射能被害を受けた母親達に、傾聴の場としてのサロン座談会を提供し(組織的支援)、更に、通勤圏内避難住居の建設(生活環境的支援)によって、児童とその保護者とに、希望と生きる強い意志を喚起することで、放射能症軽減、不安による堕胎、社会崩壊を防止することを目的とし活動開始。

2015年からは、サンタクロースオペレーション開始。配布場を方八町から多田野へ(以前の7~8倍の広さ)移し、プロジェクトを実行するため、プロジェクトキャラクターとして、サンタクロースを用いたサンタクロースオペレーションを実行する。センターをサンタハウスに作り、子供達がポジティブな環境の中で、これらのケアーを受けることができるように、サンタハウス(遊戯場、セミナー室)とサンタランド(保養キャンプ)で、子供達の夢と希望の物語(サンタクロースオペレーション)を創って行く。

2015年11月よりシリア難民支援開始。~福島の子どもたちからシリアの子どもたちへ~
2016年4月 第1回シリア難民支援物資輸送完了
2017年4月より「おばあちゃんと子ども食堂」開始
第2回シリア難民支援物資輸送準備開始
2018年3月末 第2回シリア難民支援物資輸送

7年が過ぎた現在は、上記の活動と共に、今も変わらない母親の不安に寄り添い続けることを大切にしている。

水配布住所)福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2 サンタハウス
事務所)福島県郡山市安積1-3-5
代表電話)090-7079-5011(坪井)

■その他・備考
福島県の中通りは、低放射能地域です。常に、0.2~0.6μシーベルトの中で生活しています。
またホットスポットもいたる所にあり、すべてを把握することは難しい状況です。その中で、放射能の影響を大人より5倍も多く受ける子供を持つ親は気が休まる時はありません。常に不安な思いを持ちつつも、最善の努力をしています。水はとても大切です。ですが、それ以上にこの現実を知ることが大事だと思っております。どうぞ、福島を見て知って下さい。(2011年~2015年頃)
> > 2018年の現在、放射線量はだいぶ下がり、放射能の話をすること自体疲れた雰囲気が福島にはあります。その中で、お母さん方の押し殺した不安は続いています。ガンや突然死などが多いことも一つです。福島に来て、見て、話を聴いて下さることが、とても大きいボランティアとなります。ご支援よろしくお願いいたします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010596
主催団体
被災写真洗浄活動@流山
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【12月 千葉県流山市】 津波による被災写真の洗浄とデジタル化 参加者募集
概要

津波に流されてしまい集められた品々の中に、大切な思い出が詰まった写真・アルバム類が多くありました。今でも汚れたまま保管され、持ち主不明で手元に戻っていないものも多くあります。持ち主の元へ届くよう、現地から写真をお預かりし、千葉県流山市で洗浄作業とデジタル化を行い、現地にお戻しします

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

活動内容

津波による被災写真の洗浄とデジタル化

カテゴリー

災害支援

募集期間
活動日
  • 2018/12/01
  • 2018/12/02
  • 2018/12/09
  • 2018/12/15
  • 2018/12/16
  • 2018/12/23
  • 2018/12/24
表示日時

・12月1日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・12月2日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月9日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月15日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月16日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月23日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月24日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

活動場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
集合場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

10名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

画像URL

その他

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

旧補足

■条件
写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

■活動内容
津波による被災写真の洗浄とデジタル化

■活動日時
・12月1日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・12月2日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月9日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月15日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月16日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月23日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月24日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

■集合場所
直接活動場所にお越しください

■活動場所
流山市生涯学習センター(千葉県流山市中110/最寄り駅:流山セントラルパーク駅)

■募集人数
10名

■宿泊
なし

■参加費
参加費はかかりません

■お申し込み方法
①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010595
主催団体
三陸復興観光コンシェルジュセンター
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【宮城県】冬休み♡春休み 海の見える命の森しかできない命考え学べるボランティア
概要

震災から7年が過ぎニュースでは復興を遂げた場所が映し出されたり活字に掲載されております。被災した沿岸部には、未だに復興どころか復旧さえしていない現実がまだまだ至るところに見受けられ、私達最前現場に留まり一緒に光 を見出せる真の復興の旗印は「復興創生」です。微力でも力添えが出来る光を創りだす環境に一歩でも近づけるように今もう 一息のお互い様によるお力添えによるご理解、ご協力をよろしくお願い致します.

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
6 歳 〜
その他の条件

・平成 30 年 12月現在、満 6 歳以上(小学生以上)の方で心身共に健康な方
※但し小学生~中学生までは保護者同伴に限ります。
・現地集合現地解散ができる方
※最寄り駅からの有料送迎も可能ですが、事前に南三陸ホテル観洋にお問い合わせ、ご予約して下さい。
※南三陸ホテル観洋にご宿泊予約された方!は仙台駅より無料送迎バスがごさいますので必ず宿泊予約の際 に送迎バスご予約下さい。
・自己管理、自己責任においてボランティア活動、奉仕活動ができる方
・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方

活動内容

①海の見える命の森バイオトイレ設置作業ボランティア
②海の見える命の森桜植樹準備ボランティア
③海の見える命の森伐採作業、散策路整備
※雨天雪時でも決行する場合もございますので、長靴、雨合羽、軍手は必ずご持参ください。

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-12-01 〜 2019-03-31
活動日
随時 (2018-12-01 〜 2019-03-31)
表示日時

【随時】各日 9:00~16:00※時間調整可能 

活動場所
宮城県
本吉郡南三陸町黒崎 99-17
38.6596732, 141.4476359
集合場所
宮城県
本吉郡南三陸町黒崎 99-17
38.6596732, 141.4476359
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

2名~400名

宿泊

要相談
※南三陸ホテル観洋にご宿泊予約された方は仙台駅より無料送迎バスがごさいますので必ず宿泊予約の際 に送迎バスご予約下さい。 南三陸ホテル観洋 0226-46-2442㈹0226-46-6200

参加費

ボランティア活動費:無料 ※別途発注料金有

申込み方法

メールで三陸復興観光コンシェルジェセンターまでご連絡ください。
sanrikukanko0311@gmail.com
【海の見える命の森ボランティア参加お申込み】と件名に記載し、 お名前(ふりがなもお願い致します)、いつでも御連絡がとれる連絡番号、参加予定期間、現地までの交通 手段を必ず記載して頂き先ずはメールにてお知らせ下さい。 メール到着次第数日の期間にてこちらからご連絡させて頂きます。 1 週間経っても御連絡がない場合、恐れ入りますが再度メールをお願い致します。

画像URL

その他

■お問合せ
三陸復興観光コンシェルジュセンター 事務局番号:070-5018-1023

■情報元URL
http://kotnet.info/

■団体情報
三陸復興観光コンシェルジェセンター
事務局番号 070-5018-1023 
※電波環境により繋がらない場合、不在時の場合もございますので予めご了承下さい。

★三陸復興観光コンシェルジェセンターツイッター https://twitter.com/motoyoshieco

★三陸復興観光コンシェルジェセンターfacebook https://www.facebook.com/motoyoshieco

★南三陸牡蠣倶楽部ホームページ URLhttps://mskakiclub.jimdo.com/ 

★南三陸牡蠣倶楽部facebook https://www.facebook.com/kaki.kakiclub/

■主催団体
南三陸ホテル観洋
三陸復興観光コンシェルジェセンター
主管 海の見える命の森創り実行委員会

■その他・備考
★ボランティア持ち物: 防寒対策衣類、道具、合羽、動きやすく汚れても濡れてもいい服装、長靴、水筒、タオル、害虫対策グッス、筆記用具、メモ帳、 他各自必要な持ち物 ★※ボランティア保険加入は各自お手続きをお願い致します。 加入希望者は、予めお住まいの地域の社会福祉協議会でボランティア保険にご加入の上お越し下さい。

■その他
ボランティア手続き案内
※ボランティア申し込み締め切りはボランティア可能日の2週間前なります。
1日でもお申込み可能です。
お申込み人数も 1 名からでも可能ですが、最少催行人数 2 名となり次第ボランティア確定とさせて頂きます。
天候不良及び荒天候により当日中止となります事や作業途中での中止もございますので予めご了承下 さい

旧補足

■条件
・平成 30 年 12月現在、満 6 歳以上(小学生以上)の方で心身共に健康な方
※但し小学生~中学生までは保護者同伴に限ります。
・現地集合現地解散ができる方
※最寄り駅からの有料送迎も可能ですが、事前に南三陸ホテル観洋にお問い合わせ、ご予約して下さい。
※南三陸ホテル観洋にご宿泊予約された方!は仙台駅より無料送迎バスがごさいますので必ず宿泊予約の際 に送迎バスご予約下さい。
・自己管理、自己責任においてボランティア活動、奉仕活動ができる方
・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方

■募集期間
3/31まで

■活動内容
①海の見える命の森バイオトイレ設置作業ボランティア
②海の見える命の森桜植樹準備ボランティア
③海の見える命の森伐採作業、散策路整備
※雨天雪時でも決行する場合もございますので、長靴、雨合羽、軍手は必ずご持参ください。

■活動日時
【随時】各日 9:00~16:00※時間調整可能 

■集合場所
〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町黒崎 99-17 南三陸ホテル観洋気付 南三陸ホテル観洋 徒歩5分、海の見える命の森

■活動場所
〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町黒崎 99-17 南三陸ホテル観洋気付 南三陸ホテル観洋 徒歩5分、海の見える命の森

■募集人数
2名~400名

■宿泊
要相談
※南三陸ホテル観洋にご宿泊予約された方は仙台駅より無料送迎バスがごさいますので必ず宿泊予約の際 に送迎バスご予約下さい。 南三陸ホテル観洋 0226-46-2442㈹0226-46-6200

■参加費
ボランティア活動費:無料 ※別途発注料金有

■お申し込み方法
メールで三陸復興観光コンシェルジェセンターまでご連絡ください。
sanrikukanko0311@gmail.com
【海の見える命の森ボランティア参加お申込み】と件名に記載し、 お名前(ふりがなもお願い致します)、いつでも御連絡がとれる連絡番号、参加予定期間、現地までの交通 手段を必ず記載して頂き先ずはメールにてお知らせ下さい。 メール到着次第数日の期間にてこちらからご連絡させて頂きます。 1 週間経っても御連絡がない場合、恐れ入りますが再度メールをお願い致します。

■お問合せ
三陸復興観光コンシェルジュセンター 事務局番号:070-5018-1023

■情報元URL
http://kotnet.info/

■団体情報
三陸復興観光コンシェルジェセンター
事務局番号 070-5018-1023 
※電波環境により繋がらない場合、不在時の場合もございますので予めご了承下さい。

★三陸復興観光コンシェルジェセンターツイッター https://twitter.com/motoyoshieco

★三陸復興観光コンシェルジェセンターfacebook https://www.facebook.com/motoyoshieco

★南三陸牡蠣倶楽部ホームページ URLhttps://mskakiclub.jimdo.com/ 

★南三陸牡蠣倶楽部facebook https://www.facebook.com/kaki.kakiclub/

■主催団体
南三陸ホテル観洋
三陸復興観光コンシェルジェセンター
主管 海の見える命の森創り実行委員会

■その他・備考
★ボランティア持ち物: 防寒対策衣類、道具、合羽、動きやすく汚れても濡れてもいい服装、長靴、水筒、タオル、害虫対策グッス、筆記用具、メモ帳、 他各自必要な持ち物 ★※ボランティア保険加入は各自お手続きをお願い致します。 加入希望者は、予めお住まいの地域の社会福祉協議会でボランティア保険にご加入の上お越し下さい。

■その他
ボランティア手続き案内
※ボランティア申し込み締め切りはボランティア可能日の2週間前なります。
1日でもお申込み可能です。
お申込み人数も 1 名からでも可能ですが、最少催行人数 2 名となり次第ボランティア確定とさせて頂きます。
天候不良及び荒天候により当日中止となります事や作業途中での中止もございますので予めご了承下 さい

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010594
主催団体
株式会社F-SUNツーリストジャパン
タグ

東日本大震災

タイトル
【復興応援漁業支援ボランティア】南三陸町1泊2日ボランティアツアー参加者募集
概要

第24弾となります、南三陸町への漁業支援ボランティアツアーの参加者を若干名募集しております。当社では、7年前より定期的に南三陸町にボランティアツアーを実施して継続的な支援をしております。また、ボランティア活動以外に、地元の様々な方々との交流を重視して、直に皆さまの温かな心を伝える機会も設けております。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
20 歳 〜
その他の条件

活動内容

南三陸町戸倉にてかき・ほたての養殖準備のボランティア

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-11-21 〜 2018-11-23
活動日
随時 (2018-11-21 〜 2018-11-23)
表示日時

随時開催しております。webサイトで開催日程をご確認ください。
http://www.fsun.co.jp/

活動場所
宮城県
南三陸町戸倉
38.6444985, 141.41164
集合場所
東京都
北区王子一丁目
35.7536153, 139.7385912
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

15名

宿泊

可能
まなびの宿いりやど

参加費

¥27,000

申込み方法

メールかFAXでお申し込みください。
メール info@fsun.co.jp
FAX 03-5422-7532

画像URL

その他

■条件
原則的に20歳以上

■集合場所
JR五反田駅西口・王子駅

■活動場所
宮城県南三陸町戸倉

■主催団体
株式会社F-SUNツーリストジャパン

■お問合せ
info@fsun.co.jp

■情報元URL
http://www.fsun.co.jp

■写真
http://www.fsun.co.jp

■団体情報
TEL:03-5422-7530
FAX:03-5422-7532
住所:東京都品川区東五反田4-10-9
シャトレー五反田2B

■その他・備考
漁業支援ボランティア以外に、語り部や現地の方々より現在の状況を聞いて頂き、共に真の復興がなされるまで応援して参りましょう!

旧補足

■条件
原則的に20歳以上

■募集期間
2018/11/23まで

■活動内容
南三陸町戸倉にてかき・ほたての養殖準備のボランティア

■活動日時
随時開催しております。webサイトで開催日程をご確認ください。
http://www.fsun.co.jp/

■集合場所
JR五反田駅西口・王子駅

■活動場所
宮城県南三陸町戸倉

■募集人数
15名

■宿泊
可能
まなびの宿いりやど

■参加費
¥27,000

■お申し込み方法
メールかFAXでお申し込みください。
メール info@fsun.co.jp
FAX 03-5422-7532

■主催団体
株式会社F-SUNツーリストジャパン

■お問合せ
info@fsun.co.jp

■情報元URL
http://www.fsun.co.jp

■写真
http://www.fsun.co.jp

■団体情報
TEL:03-5422-7530
FAX:03-5422-7532
住所:東京都品川区東五反田4-10-9
シャトレー五反田2B

■その他・備考
漁業支援ボランティア以外に、語り部や現地の方々より現在の状況を聞いて頂き、共に真の復興がなされるまで応援して参りましょう!

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010593
主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【12/2 町田市】町田TwinkleFair2018をお手伝い頂ける方募集
概要

岩手県陸前高田市で活動するNPO、一般社団法人SAVE TAKATAです! 今回は町田市で開催される『町田TwinkleFair2018』での陸前高田物産販売スタッフの募集です!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

現地集合、現地解散出来る方

活動内容

岩手県陸前高田市の物産販売

カテゴリー

イベント

災害支援

募集期間
2018-11-20 〜 2018-12-01
活動日
  • 2018/12/02
表示日時

2018年12月2日(日)10:00-17:00

活動場所
東京都
町田市原町田6−4−1
35.5424038, 139.4464903
集合場所
東京都
町田市原町田4丁目10番20
35.5423538, 139.4490511
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

5名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
http://takaentai.org/informations/event162/

画像URL

その他

■集合場所
ぽっぽ町田(東京都町田市原町田4丁目10番20)

■活動場所
町田東急ツインズ裏(東京都町田市原町田6−4−1)

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event162/

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

旧補足

■条件
現地集合、現地解散出来る方

■募集期間
2018年12月1日まで(定員となり次第締切となります)

■活動内容
岩手県陸前高田市の物産販売

■活動日時
2018年12月2日(日)10:00-17:00

■集合場所
ぽっぽ町田(東京都町田市原町田4丁目10番20)

■活動場所
町田東急ツインズ裏(東京都町田市原町田6−4−1)

■募集人数
5名

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
http://takaentai.org/informations/event162/

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event162/

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010592
主催団体
特定非営利活動法人RAY of HOPE
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
陸前高田の復興団地へのクリスマスイルミネーション設置のボランティア大募集!
概要

11月25日と12月2日、陸前高田の復興住宅、西下団地にクリスマスイルミネーションを設置します!
12月2日は西下団地のクリスマス会とコラボして、イルミネーションの点灯式を行います!
イルミネーション設置のボランティアさん大募集です!
条件:現地まで自力で来れる方。
午前中のみ、午後のみでも可
お気軽にお問い合わせください。  

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

現地まで自力で来れる人

活動内容

復興住宅へのクリスマスイルミネーションの設置補助
クリスマス会開催のお手伝い

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-11-18 〜 2018-12-02
活動日
  • 2018/11/25
  • 2018/12/02
表示日時

11月25日(日)10時~17時
12月2日(日)10時~18時

活動場所
岩手県
陸前高田市小友町西下84
39.0015657, 141.6894756
集合場所
岩手県
陸前高田市小友町西下84
39.0015657, 141.6894756
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

5人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールか以下のwebフォームからお申し込みください。
メールアドレス: 3.11kibounohikari@gmail.com
URL: https://kibounohikari311.jimdo.com/%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%94%AF%E6%8F%B4/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F-%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86/

画像URL

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=1920x400:format=jpg/path/s753e46df90f3e9d2/image/i39b1ecd64253c79b/version/1542027144/image.jpg

その他

■集合場所
陸前高田市西下団地(岩手県陸前高田市小友町西下84)

■活動場所
陸前高田市西下団地(岩手県陸前高田市小友町西下84)

■お問合せ
3.11kibounohikari@gmail.com

■情報元URL
https://kibounohikari311.jimdo.com/

■団体情報
NPO法人RAY of HOPE
岩手県盛岡市三本柳1地割19-6-5
080-6293-2740

旧補足

■条件
現地まで自力で来れる人

■募集期間
2018年12月2日まで

■活動内容
復興住宅へのクリスマスイルミネーションの設置補助
クリスマス会開催のお手伝い

■活動日時
2018年11月25日、12月2日

■集合場所
陸前高田市西下団地(岩手県陸前高田市小友町西下84)

■活動場所
陸前高田市西下団地(岩手県陸前高田市小友町西下84)

■募集人数
5人

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールか以下のwebフォームからお申し込みください。
メールアドレス: 3.11kibounohikari@gmail.com
URL: https://kibounohikari311.jimdo.com/%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%94%AF%E6%8F%B4/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F-%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86/

■お問合せ
3.11kibounohikari@gmail.com

■情報元URL
https://kibounohikari311.jimdo.com/

■団体情報
NPO法人RAY of HOPE
岩手県盛岡市三本柳1地割19-6-5
080-6293-2740

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010591
主催団体
認定NPO法人あっちこっち
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【12月13日(木)横浜市】被災地に届けるお菓子を一緒に作りませんか♪
概要

私たちNPO法人あっちこっちでは、定期的に東日本大震災、熊本大震災で被害にあった方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。 音楽とともに、手作りのお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるためのボランティアのお手伝いをしませんか。 カフェ・タイムでは、被災地の様子もお話します♪

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

活動内容

被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。また支援金一口1,500円をお願いいたします。会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-11-07 〜 2018-12-13
活動日
  • 2018/12/13
表示日時

2018年12月13日(木)9:30〜12:30

活動場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.4305818, 139.6444477
集合場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.4305818, 139.6444477
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

15名

宿泊

なし

参加費

支援金一口1,500円を任意でお受けしています

申込み方法

メールにてお申し込みください。
info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/2199770953391230/

画像URL

その他

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com/

■団体情報
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308
〒231-0852
神奈川県横浜市中区西竹之丸61−5

■その他・備考
被災地のことで何かしたいけれど、現地に行くのが難しい方、少しでも力になりたいけれど、何から始めればいいのか分からない方。ぜひお菓子を作りながら気軽で楽しいボランティア活動で、被災地の方たちとつながる体験をしてみてください♪
私たちNPO法人あっちこっちでは、東日本大震災で被害にあわれた方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。音楽と共に、甘いお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるお手伝いをしませんか。カフェ・タイムでは、活動紹介や被災地の様子もお話します♪
今回も熊本地震の被害にあわれた益城町の仮設住宅集会所で開催されている「おひさまカフェ」と、福島県大熊町から避難されてきたいわき市内仮設住宅自治会でのカフェにお届けします。
今回作るお菓子は、"クッキー”と”ケーキ”の予定です。ご参加をお待ちしています。
FB:https://www.facebook.com/events/2199770953391230/

旧補足

■募集期間
2018年12月13日(木)まで

■活動内容
被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。また支援金一口1,500円をお願いいたします。会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

■活動日時
2018年12月13日(木)9:30〜12:30

■集合場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■活動場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■募集人数
15名

■宿泊
不可能

■参加費
支援金一口1,500円を任意でお受けしています

■お申し込み方法
メールにてお申し込みください。
info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/2199770953391230/

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com/

■団体情報
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308
〒231-0852
神奈川県横浜市中区西竹之丸61−5

■その他・備考
被災地のことで何かしたいけれど、現地に行くのが難しい方、少しでも力になりたいけれど、何から始めればいいのか分からない方。ぜひお菓子を作りながら気軽で楽しいボランティア活動で、被災地の方たちとつながる体験をしてみてください♪
私たちNPO法人あっちこっちでは、東日本大震災で被害にあわれた方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。音楽と共に、甘いお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるお手伝いをしませんか。カフェ・タイムでは、活動紹介や被災地の様子もお話します♪
今回も熊本地震の被害にあわれた益城町の仮設住宅集会所で開催されている「おひさまカフェ」と、福島県大熊町から避難されてきたいわき市内仮設住宅自治会でのカフェにお届けします。
今回作るお菓子は、"クッキー”と”ケーキ”の予定です。ご参加をお待ちしています。
FB:https://www.facebook.com/events/2199770953391230/

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010590
主催団体
北上市ボランティア連絡協議会「三陸復興応援団きたかみ」
タグ

東日本大震災

タイトル
【11/4(日)至急】陸前高田 (岩手)東日本大震災復興支援ボランティア募集
概要

2011.3.11東日本大震災から6年を経過した今も仮設住宅に暮らす人が多数います…活動資金はありませんが、志はあります。これまで東日本大震災・2016台風10号災害の被災地・被災者・支援者の応援、ボラバス・ボラ送迎車を述べ125回運行、900名派遣して来ました。大きな力はありませんが、いつかきっと夢は叶う、奇跡は起きる。早期復興にはあなたの協力が必要です。あなたも砂の一粒になってみませんか。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・ボランティア保険加入済みの方
・自己完結出来る方 集合場所までの交通手段・前泊する場合の宿等は各自手配願います。
・未成年者は、保護者の承諾のある方[小学生以下は、保護者同伴のこと]
・以下の装備の出来る方 
帽子・カッパ・長くつ、厚手のゴム手袋、飲み物、ボラ保険証・健康保険証写し、携帯電話、昼食代(現地調達予定)

活動内容

漁業支援かき加工補助

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-11-01 〜 2018-11-03
活動日
  • 2018/11/04
表示日時

2018/11/4(日)
9時~14時半/漁業支援かき加工補助
12時~13時/昼休憩
※現地集合・解散の方に限り、遅刻・早退可、前泊・後泊も可。
※北上からの参加者、送迎者利用者が無い場合、活動時間を2時間程度延長します

活動場所
岩手県
陸前高田市小友町両替
38.999785, 141.6785934
集合場所
岩手県
北上市芳町1番1号
39.286809, 141.1131631
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

災害復興ボランティア 北上集合5名(車を出せる方歓迎) 現地集合5名

宿泊

要相談

参加費

参加費・交通費/無し 現地活動費/千円、学生半額  ※「現地活動費」には、以下の内容が含まれます。 ・活動資材、予備の飲み物などの調達費用 ・事前調査・広報、事後報告費用の一部 ※「現地活動費」には、以下の内容は含まれません。 ・運送サービスにかかる費用 ・現地での食事代(各自負担願います)

申込み方法

「参加日、集合場所、氏名・ふりがな、生年月日・年齢・性別、携帯電話・自宅電話(緊急連絡先)、住所、ボラ保険加入状況」を 「○月○日ボランティア申込み」のタイトルで メールして下さい。受付した旨、折り返し連絡します(連絡がない場合は緊急連絡先へ電話ください)。
11/2までに申し込み願います[残席ある場合、活動日前日まで受付を延長します]。前後の日に活動を希望する方は、事前に問合せ下さい(車持込みできる方、上記活動に参加する方、対応可能です)
問合せの際は、氏名・携帯電話番号・参加予定日を明記し、メールして下さい
メール house_3_11ouendan@yahoo.co.jp 
サブアドレス iwaizumi.egao.todoketai@gmail.com
緊急連絡先携帯080-8213-0800松田正徳

画像URL

その他

1:北上市役所本庁 7時集合・出発 自家用車の無料駐車可能
2:北上駅西口タクシー乗り場向(おでんせプラザ前) 7時10分集合・出発 
3:現地集合 8時40分一本松茶屋駐車場(陸前高田市気仙町字土手影138-5) 
※解散予定時刻/現地14時半、北上着16時頃[北上からの参加者が無い場合、高田発北上行き帰りのボランティア送迎車は運行しません]。

■主催団体
北上市ボランティア連絡協議会「三陸復興応援団きたかみ」

■お問合せ
iwaizumi.egao.todoketai@gmail.com

■情報元URL
http://sanriku-ouendan.blog.so-net.ne.jp/

■団体情報
3.11東日本大震災の被災地・被災者・支援者を応援する非営利目的活動任意団体です。
2011年7月に結成・活動開始し、2016年10月から台風10号災害の岩泉支援活動開始、2017年4月岩泉サテライト開設しました。北上・盛岡から被災地へボラ送迎車「ミニしょうちゃん号」を運行しています。

<支援物資送り先> 
〒027-0501 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字向町31沢水荘東2松田正徳 携帯080-8213-0800 (三陸復興応援団きたかみ岩泉本部 現地本部長)

<活動支援金等受入口座> 
北日本銀行江釣子支店 普通 7017535 三陸復興応援団きたかみ (さんりくふっこうおうえんだんきたかみ)
※活動支援金確保後、現地活動費減額します。

<実施中の事業>
2011-3-11東日本大震災復興支援プロジェクト/陸前高田、大船渡、釜石/引越支援、仮設住宅清掃・草刈、復興イベント支援、イルミネーション設置、なりわい支援(漁業)、お茶っこ支援・傾聴、高田松原支援、一本松布巾販売支援、少年野球交流会支援
2016-8-30台風10号災害復興支援プロジェクト/岩泉/家屋の泥出し・清掃・取壊し、薪割り、流木・倒木処理、林道復旧、物資配達・ニーズ調査、復興イベント支援、お茶っこカラオケ、ボランティア宿泊所開設・運営、ボランティアサポート
東日本大震災伝承・防災プロジェクト/陸前高田・東京/線香花火ナイト、311朗読会
ボランティア送迎プロジェクト/北上→陸前高田・大船渡・釜石・岩泉、盛岡→岩泉/ミニしょうちゃん号運行

<ボラスタッフ等募集中>
岩泉駐在員・臨時スタッフ、助成金申請・ボラ募集記事Upなどの事務補助スタッフ、カメラクルーボラ・送迎ボラなど募集中

■ボランティア活動保険
活動参加にあたっては住所地の社会福祉協議会でボランティア活動保険に加入してご参加ください。機械を使用する作業はボランティア保険の対象にならない場合があります。加入の代行も可能(事前予約必要)。
http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf

■その他・備考
私は砂の一粒、大きな力はありません。でも100万回繰り返せばコップ1杯になるでしょう。コップ1杯を100万回繰り返せば砂場、砂場を100万回繰り返せば砂浜の一角、一角を100万回繰り返せば…いつかきっと夢は叶う、キセキは起きる、失われた砂浜は復活できるでしょう。それにはあなたの協力が必要です。あなたも砂の一粒になってみませんか!?
あなたの愛を一滴分けていただけませんか? 枯れそうな花に水を与えて頂けませんか? 折れそうな花の支えになって頂けませんか? 
台風10号被災地では、多くの方が壊れた家で生活しています。東日本大震災被災地では、多くの方が今もなお仮設住宅で生活しています。あなたの愛が、花に命を与えるのです。あなたの愛のひとしずくは光の束となって、被災者を、岩手を、日本を、世界を救うでしょう。あなたによりそい隊、笑顔を届け隊、隊員・スタッフ募集中! ボラ送迎車ミニしょうちゃん号運行中 

旧補足

■条件
・ボランティア保険加入済みの方
・自己完結出来る方 集合場所までの交通手段・前泊する場合の宿等は各自手配願います。
・未成年者は、保護者の承諾のある方[小学生以下は、保護者同伴のこと]
・以下の装備の出来る方 
帽子・カッパ・長くつ、厚手のゴム手袋、飲み物、ボラ保険証・健康保険証写し、携帯電話、昼食代(現地調達予定)

■募集期間
2018/11/3まで

■活動内容
漁業支援かき加工補助

■活動日時
①2018/11/4(日) 9時~14時半/漁業支援かき加工補助 12時~13時/昼休憩 現地集合・解散の方に限り、遅刻・早退可、前泊・後泊も可。[北上からの参加者、送迎者利用者が無い場合、活動時間を2時間程度延長します]

■集合場所
1:北上市役所本庁 7時集合・出発 自家用車の無料駐車可能
2:北上駅西口タクシー乗り場向(おでんせプラザ前) 7時10分集合・出発 
3:現地集合 8時40分一本松茶屋駐車場(陸前高田市気仙町字土手影138-5) 
※解散予定時刻/現地14時半、北上着16時頃[北上からの参加者が無い場合、高田発北上行き帰りのボランティア送迎車は運行しません]。

■活動場所
陸前高田市小友町字両替漁港 漁業施設

■募集人数
災害復興ボランティア 北上集合5名(車を出せる方歓迎) 現地集合5名

■宿泊
要相談

■参加費
参加費・交通費/無し 現地活動費/千円、学生半額  ※「現地活動費」には、以下の内容が含まれます。 ・活動資材、予備の飲み物などの調達費用 ・事前調査・広報、事後報告費用の一部 ※「現地活動費」には、以下の内容は含まれません。 ・運送サービスにかかる費用 ・現地での食事代(各自負担願います)

■お申し込み方法
「参加日、集合場所、氏名・ふりがな、生年月日・年齢・性別、携帯電話・自宅電話(緊急連絡先)、住所、ボラ保険加入状況」を 「○月○日ボランティア申込み」のタイトルで メールして下さい。受付した旨、折り返し連絡します(連絡がない場合は緊急連絡先へ電話ください)。
11/2までに申し込み願います[残席ある場合、活動日前日まで受付を延長します]。前後の日に活動を希望する方は、事前に問合せ下さい(車持込みできる方、上記活動に参加する方、対応可能です)
問合せの際は、氏名・携帯電話番号・参加予定日を明記し、メールして下さい
メール house_3_11ouendan@yahoo.co.jp 
サブアドレス iwaizumi.egao.todoketai@gmail.com
緊急連絡先携帯080-8213-0800松田正徳

■主催団体
北上市ボランティア連絡協議会「三陸復興応援団きたかみ」

■お問合せ
iwaizumi.egao.todoketai@gmail.com

■情報元URL
http://sanriku-ouendan.blog.so-net.ne.jp/

■団体情報
3.11東日本大震災の被災地・被災者・支援者を応援する非営利目的活動任意団体です。
2011年7月に結成・活動開始し、2016年10月から台風10号災害の岩泉支援活動開始、2017年4月岩泉サテライト開設しました。北上・盛岡から被災地へボラ送迎車「ミニしょうちゃん号」を運行しています。

<支援物資送り先> 
〒027-0501 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字向町31沢水荘東2松田正徳 携帯080-8213-0800 (三陸復興応援団きたかみ岩泉本部 現地本部長)

<活動支援金等受入口座> 
北日本銀行江釣子支店 普通 7017535 三陸復興応援団きたかみ (さんりくふっこうおうえんだんきたかみ)
※活動支援金確保後、現地活動費減額します。

<実施中の事業>
2011-3-11東日本大震災復興支援プロジェクト/陸前高田、大船渡、釜石/引越支援、仮設住宅清掃・草刈、復興イベント支援、イルミネーション設置、なりわい支援(漁業)、お茶っこ支援・傾聴、高田松原支援、一本松布巾販売支援、少年野球交流会支援
2016-8-30台風10号災害復興支援プロジェクト/岩泉/家屋の泥出し・清掃・取壊し、薪割り、流木・倒木処理、林道復旧、物資配達・ニーズ調査、復興イベント支援、お茶っこカラオケ、ボランティア宿泊所開設・運営、ボランティアサポート
東日本大震災伝承・防災プロジェクト/陸前高田・東京/線香花火ナイト、311朗読会
ボランティア送迎プロジェクト/北上→陸前高田・大船渡・釜石・岩泉、盛岡→岩泉/ミニしょうちゃん号運行

<ボラスタッフ等募集中>
岩泉駐在員・臨時スタッフ、助成金申請・ボラ募集記事Upなどの事務補助スタッフ、カメラクルーボラ・送迎ボラなど募集中

■ボランティア活動保険
活動参加にあたっては住所地の社会福祉協議会でボランティア活動保険に加入してご参加ください。機械を使用する作業はボランティア保険の対象にならない場合があります。加入の代行も可能(事前予約必要)。
http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf

■その他・備考
私は砂の一粒、大きな力はありません。でも100万回繰り返せばコップ1杯になるでしょう。コップ1杯を100万回繰り返せば砂場、砂場を100万回繰り返せば砂浜の一角、一角を100万回繰り返せば…いつかきっと夢は叶う、キセキは起きる、失われた砂浜は復活できるでしょう。それにはあなたの協力が必要です。あなたも砂の一粒になってみませんか!?
あなたの愛を一滴分けていただけませんか? 枯れそうな花に水を与えて頂けませんか? 折れそうな花の支えになって頂けませんか? 
台風10号被災地では、多くの方が壊れた家で生活しています。東日本大震災被災地では、多くの方が今もなお仮設住宅で生活しています。あなたの愛が、花に命を与えるのです。あなたの愛のひとしずくは光の束となって、被災者を、岩手を、日本を、世界を救うでしょう。あなたによりそい隊、笑顔を届け隊、隊員・スタッフ募集中! ボラ送迎車ミニしょうちゃん号運行中 

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010589
主催団体
被災写真洗浄活動@流山
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【11月 千葉県流山市】 津波による被災写真の洗浄とデジタル化 参加者募集
概要

津波に流されてしまい集められた品々の中に、大切な思い出が詰まった写真・アルバム類が多くありました。今でも汚れたまま保管され、持ち主不明で手元に戻っていないものも多くあります。持ち主の元へ届くよう、現地から写真をお預かりし、千葉県流山市で洗浄作業とデジタル化を行い、現地にお戻しします。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

活動内容

津波による被災写真の洗浄とデジタル化

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-11-01 〜 2018-11-23
活動日
  • 2018/11/03
  • 2018/11/04
  • 2018/11/11
  • 2018/11/17
  • 2018/11/18
  • 2018/11/25
表示日時

・11月3日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月4日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月11日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月17日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月18日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・11月25日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

活動場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
集合場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

10名

宿泊

なし

参加費

参加費はかかりません

申込み方法

①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

画像URL

その他

■主催団体
被災写真洗浄活動@流山

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

旧補足

■条件
写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

■募集期間
11月23日まで

■活動内容
津波による被災写真の洗浄とデジタル化

■活動日時
・11月3日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月4日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月11日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月17日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・11月18日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・11月25日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

■集合場所
直接活動場所にお越しください

■活動場所
流山市生涯学習センター(千葉県流山市中110/最寄り駅:流山セントラルパーク駅)

■募集人数
10名

■宿泊
なし

■参加費
参加費はかかりません

■お申し込み方法
①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

■主催団体
被災写真洗浄活動@流山

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010588
主催団体
りす会山口
タグ

シニア

高校生

平成30年7月豪雨

タイトル
【平成30年7月豪雨】山口でできる写真洗浄ボランティア:岡山・広島の被災写真
概要

東日本大震災で被災した写真を綺麗に洗って修正して、 被災者の方にお戻しする活動を行っていた「あらいぐま作戦in山口」です。 今回は、西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業をしています。 現地まではなかなか行けない、体力もない、写真洗浄なんてやったことがない、そんな方でもできる作業です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

活動内容

西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-11-01 〜 2018-11-30
活動日
  • 2018/11/03
  • 2018/11/10
  • 2018/11/17
  • 2018/11/25
表示日時

2018年11月3日(土)9:00-17:00 阿東会場,10日(土)9:30-13:00 周南会場,17日(土)9:30-17:00 周南会場,25日(日)9:00-17:00 阿東会場

活動場所
山口県
山口市阿東徳佐中3425-1
34.3986405, 131.7213199
集合場所
山口県
山口市阿東徳佐中3425-1
34.3986405, 131.7213199
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

各回10名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

http://yamaraiguma.blog.fc2.com/
「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

画像URL

その他

■主催団体
りす会山口

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

旧補足

■条件
どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

■募集期間
2018年11月31日まで

■活動内容
西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

■活動日時
2018年11月3日(土)9:00-17:00 阿東会場,10日(土)9:30-13:00 周南会場,17日(土)9:30-17:00 周南会場,25日(日)9:00-17:00 阿東会場

■集合場所
【阿東会場】阿東地域交流センター(山口市阿東徳佐中3425-1),【周南会場】周南市徳山社会福祉センター(周南市速玉町3番17号)

■活動場所
【阿東会場】阿東地域交流センター(山口市阿東徳佐中3425-1),【周南会場】周南市徳山社会福祉センター(周南市速玉町3番17号)

■募集人数
各回10名

■宿泊
不可能

■参加費
なし

■お申し込み方法
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/
「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

■主催団体
りす会山口

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010587
主催団体
仙台スポーツボランティアプロジェクト
タグ

シニア

高校生

スポーツボランティア

タイトル
【ヴォスクオーレ仙台】フットサルのボランティア体験会開催!初心者大歓迎です
概要

ヴォスクオーレ仙台のホームゲームは、ボランティアスタッフの方々のサポートのもとに運営されています。
「ヴォスクオーレファミリー」として、スポーツに興味のある方、ボランティア活動を通じてスキルアップを図りたい方をお待ちしています。
まだヴォスクオーレ仙台のボランティアをしたことがない方を対象に体験ボランティアを募集いたします。是非ご参加ください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
12 歳 〜
その他の条件

・経験・資格は一切不問
・中学生以上(未成年の場合は、家族の同意が無いと活動に参加できない場合があります。)

活動内容

入場口やエコステーション、座席案内など

カテゴリー

スポーツ

募集期間
2018-10-10 〜 2019-01-10
活動日
  • 2018/11/18
表示日時

11月18日(日)11:00時集合→17:30終了予定@カメイアリーナ
12月15日(土)11:00時集合→17:30終了予定@塩釜体育館
1月20日(日)11:00時集合→17:30終了予定@カメイアリーナ
1月27日(日)12:00時集合→18:30終了予定@カメイアリーナ
※終了時刻が前後する場合がございます

活動場所
宮城県
カメイアリーナ(仙台市太白区富沢1丁目4−1)
38.2179259, 140.8691796
集合場所
宮城県
カメイアリーナ(仙台市太白区富沢1丁目4−1)
38.2179259, 140.8691796
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

5名程度(定員になり次第締め切り)

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

ボランティア保険への加入のため、以下の内容を活動日の8日前までにメールでお送りください。

参加日程(複数日程OK):
名前:
ふりがな:
生年月日(西暦):
年齢:
性別:
郵便番号:
住所:
電話番号(携帯希望):
メールアドレス:
緊急連絡先:
緊急連絡先お名前:
緊急連絡先の方との続柄:

送り先:izumita@dm.mbn.or.jp(窓口 市民スポーツボランティアSV2004)

画像URL

http://sendai.sportsvolunteer.info/wp-content/uploads/2018/10/header-logo.png

その他

■会場について
試合日程によって会場が異なりますのでご注意ください。
カメイアリーナ(仙台市太白区富沢1丁目4−1、仙台市営地下鉄「富沢駅」で下車の後、案内板に従って約5分)
塩釜体育館(塩竈市今宮町9−1、JR本塩釜駅から車で10分)

■ヴォスクオーレ仙台について
http://www.voscuore.co.jp/

■その他
・ユニフォームは貸与となります
・お弁当とドリンクを用意します
・貴重品は各自で管理いただきます。サコッシュやミニバックをご持参ください
・活動前に、チームの簡単な説明や、会場内の案内、活動内容についてご説明いたします。また、当日は皆さまのコーディネーターが不明な点など丁寧に対応させていただきます。

■登録窓口
市民スポーツボランティアSV2004

■キーワード
フットサル ヴォスクオーレ 仙台 スポーツボランティア ボランティア体験会

旧補足

■参加条件
・経験・資格は一切不問
・中学生以上(未成年の場合は、家族の同意が無いと活動に参加できない場合があります。)

■活動内容
入場口やエコステーション、座席案内など

■体験活動日
11月18日(日)11:00時集合→17:30終了予定@カメイアリーナ
12月15日(土)11:00時集合→17:30終了予定@塩釜体育館
1月20日(日)11:00時集合→17:30終了予定@カメイアリーナ
1月27日(日)12:00時集合→18:30終了予定@カメイアリーナ
※終了時刻が前後する場合がございます

■募集人数
5名程度(定員になり次第締め切り)

■お申し込み方法
ボランティア保険への加入のため、以下の内容を活動日の8日前までにメールでお送りください。

参加日程(複数日程OK):
名前:
ふりがな:
生年月日(西暦):
年齢:
性別:
郵便番号:
住所:
電話番号(携帯希望):
メールアドレス:
緊急連絡先:
緊急連絡先お名前:
緊急連絡先の方との続柄:

送り先:izumita@dm.mbn.or.jp(窓口 市民スポーツボランティアSV2004)

■ヴォスクオーレ仙台について
http://www.voscuore.co.jp/

■会場について
試合日程によって会場が異なりますのでご注意ください。
カメイアリーナ(仙台市太白区富沢1丁目4−1、仙台市営地下鉄「富沢駅」で下車の後、案内板に従って約5分)
塩釜体育館(塩竈市今宮町9−1、JR本塩釜駅から車で10分)

■その他
・ユニフォームは貸与となります
・お弁当とドリンクを用意します
・貴重品は各自で管理いただきます。サコッシュやミニバックをご持参ください
・活動前に、チームの簡単な説明や、会場内の案内、活動内容についてご説明いたします。また、当日は皆さまのコーディネーターが不明な点など丁寧に対応させていただきます。

■登録窓口
市民スポーツボランティアSV2004

■キーワード
フットサル ヴォスクオーレ 仙台 スポーツボランティア ボランティア体験会

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010586
主催団体
鉄工島FES実行委員会
タグ

高校生

タイトル
11/4(日)に東京の京浜島で開催される鉄工島FESのボランティア募集
概要

鉄工島=鉄工所の島。
鉄工島フェスとは大田区のものづくりの最前線「京浜島」で開催される音楽とアートの祭典です。
京浜工業地帯の豊かな技術と歴史を再発見し、その環境と、そこで働く人々とアーティスト達とのコラボレーションを生み出し、新しい時代の表現を生み出していくことを目的としています。
そんな鉄工島フェスの設営や運営をお手伝いいただくボランティアを募集します!
是非ご参加ください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・終日参加いただける方(終日参加が厳しい方は個別にご相談にのります)
・現地集合現地解散が可能な方

活動内容

11/3(土):設営サポート、作品制作サポートなど
11/4(日):楽屋対応、場内・周辺道路等での誘導、案内、エントランス、ステージサポート、駐車場サポート、トイレ誘導、ゴミチェック、作品撤去など

カテゴリー

イベント

まちづくり・地域活性・産業支援

文化

募集期間
2018-10-25 〜 2018-10-31
活動日
  • 2018/11/03
  • 2018/11/04
表示日時

2018年11月3日(土)12:00-19:00(予定)←設営作業
2018年11月4日(日)10:00-21:00(予定)←運営
※30分前集合
※11/4に関して、終日参加が厳しい場合は以下のA Bのいずれかをご選択ください。
 A 10:00-18:00
 B 13:00-21:00

活動場所
東京都
大田区京浜島2丁目11−7
35.5698485, 139.7634667
集合場所
東京都
大田区京浜島2丁目11−7
35.5698485, 139.7634667
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

20人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

以下のサイトにアクセスして応募フォームから必要事項をご記入ください。
http://volunteerinfo.jp/tekkojima2018/entry
※応募フォーム記入後に自動で確認メールをお送りします。
※24時間経ってもメールが届かない場合はメールがエラーになっていることが考えられますので、お手数ですが迷惑メール設定などを変更のうえ再度ご入力をお願いします

画像URL

https://tekkojima.com/wp-content/themes/tekkojima_3rd/images/common/logo.png

その他

■参加特典
ボランティア用Tシャツ(現在のところ長袖Tシャツを予定)

■食事
昼食あり(弁当またはキッチンカーの食券)

■注意事項
休憩時間などにフェスのコンテンツを楽しむことは可能ですが、全てのご希望に沿うことはできませんのであらかじめご了承ください。

■その他
・基本的にはボランティア活動中はコンテンツに参加することはできません
・活動中はチーム単位で活動していただき、チーム内で休憩をとっていただきます
・休憩時間中はコンテンツを楽しんでいただくことは可能です(時間は厳守してください)
・質問等は説明会でお話させていただきますが、申込み前の質問がある場合はフォームの「その他」欄からご記入ください

■ボランティア活動中の注意事項
・参加に変更が生じた場合は必ずinfo@volunteerinfo.jpまでメールでご連絡ください
・一般の来場者から見れば、ボランティアは正規スタッフと同じです。節度をもって活動しましょう
・未成年者の飲酒・喫煙は活動時間/休憩時間を問わず禁止します
・20歳以上の方でも活動時間中の飲酒・喫煙は禁止します
・集合、解散場所から自宅までの往復の交通費は自己負担です
・ボランティアに参加する方は、ボランティア活動保険に加入します。加入手続きは、NPO法人ボランティアインフォが行い、保険料は主催者が負担いたします
・この募集要項の内容は主催者との調整によりやむをえず変更する事があります。

旧補足

■活動日時
2018年11月3日(土)12:00-19:00(予定)←設営作業
2018年11月4日(日)10:00-21:00(予定)←運営
※30分前集合
※11/4に関して、終日参加が厳しい場合は以下のA Bのいずれかをご選択ください。
 A 10:00-18:00
 B 13:00-21:00

■会場
東京都大田区京浜島2丁目11−7
※当日はフェス会場に直接集合となります

■活動内容
11/3(土):設営サポート、作品制作サポートなど
11/4(日):楽屋対応、場内・周辺道路等での誘導、案内、エントランス、ステージサポート、駐車場サポート、トイレ誘導、ゴミチェック、作品撤去など

■募集人数
20名

■締め切り
2018年10月31日(水)

■参加条件
・終日参加いただける方(終日参加が厳しい方は個別にご相談にのります)
・現地集合現地解散が可能な方

■参加特典
ボランティア用Tシャツ(現在のところ長袖Tシャツを予定)

■食事
昼食あり(弁当またはキッチンカーの食券)

■宿泊について
こちらで宿泊の用意はいたしませんので、宿泊が必要な方は各自ご準備ください。

■参加費
なし
※集合場所までの交通費は参加者でのご負担になります

■注意事項
休憩時間などにフェスのコンテンツを楽しむことは可能ですが、全てのご希望に沿うことはできませんのであらかじめご了承ください。

■お申し込み方法
以下のサイトにアクセスして応募フォームから必要事項をご記入ください。
http://volunteerinfo.jp/tekkojima2018/entry
※応募フォーム記入後に自動で確認メールをお送りします。
※24時間経ってもメールが届かない場合はメールがエラーになっていることが考えられますので、お手数ですが迷惑メール設定などを変更のうえ再度ご入力をお願いします

■その他
・基本的にはボランティア活動中はコンテンツに参加することはできません
・活動中はチーム単位で活動していただき、チーム内で休憩をとっていただきます
・休憩時間中はコンテンツを楽しんでいただくことは可能です(時間は厳守してください)
・質問等は説明会でお話させていただきますが、申込み前の質問がある場合はフォームの「その他」欄からご記入ください

■ボランティア活動中の注意事項
・参加に変更が生じた場合は必ずinfo@volunteerinfo.jpまでメールでご連絡ください
・一般の来場者から見れば、ボランティアは正規スタッフと同じです。節度をもって活動しましょう
・未成年者の飲酒・喫煙は活動時間/休憩時間を問わず禁止します
・20歳以上の方でも活動時間中の飲酒・喫煙は禁止します
・集合、解散場所から自宅までの往復の交通費は自己負担です
・ボランティアに参加する方は、ボランティア活動保険に加入します。加入手続きは、NPO法人ボランティアインフォが行い、保険料は主催者が負担いたします
・この募集要項の内容は主催者との調整によりやむをえず変更する事があります。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010585
主催団体
BE Vint-Age実行委員会
タグ

高校生

タイトル
11/24-25 ファッションイベント ボランティア募集! 11/3 説明会
概要

昨年初開催した本イベントは全てのクリエイターに「挑戦し続ける場所」を提供し、クリエイティブを仕事に生活することを応援しています。
後世に残るもの、日本から世界に発信できるものを間近に感じてもらいたいと考えています。
イベントは年1回の開催で今年は11月24日-25日の2日間です。
昨年ボランティアとして参加してくれた方も、友達同士での応募も大歓迎です。学生さんも是非ご参加ください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
15 歳 〜
その他の条件

高校生以上でクリエイティブに興味がある方、または志している方

活動内容

代々木公園のケヤキ並みで開催するイベントで来場者の誘導、モデルさんなど演者さんの誘導・警備などをサポートしていただきます。

カテゴリー

イベント

文化

募集期間
2018-10-26 〜 2018-11-19
活動日
  • 2018/11/24
  • 2018/11/25
表示日時

2018年11月24-25日(土日) 10:00-19:00

活動場所
東京都
渋谷区神南1丁目5−11
35.6648629, 139.6992593
集合場所
東京都
渋谷区神南1丁目5−11
35.6648629, 139.6992593
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

15人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールにてお名前、電話番号、年齢、参加日程を以下のアドレスまでお送りください。
kijima@vint-age.co.jp(担当:木島)
まずは11/3土に渋谷で行われる説明会においでください。

画像URL

その他

■主催団体
BE Vint-Age実行委員会

■お問合せ
kijima@vint-age.co.jp

■情報元URL
http://vint-age.co.jp/

■写真
http://firestorage.jp/download/eaef46555b0118c33f5e6e70d84265b315f2dc4a

■団体情報
BE Vint-Age実行委員会

SITE : http://vint-age.co.jp/
MAIL : kijima@vint-age.co.jp
住所 : 東京都渋谷区神南2−3

担当 : 木島

■その他・備考
11/3(土)ファッション・アートイベント「BE Vint-Age 2018」のボランティア説明会・懇親会を行います。

———————————————————
日時:2018年11月3日(土) 17:00〜19:00
場所:渋谷 SESSIION HOUSE
渋谷区道玄坂2-8-9 市橋ビル4階
———————————————————

「夕刊フジ」にボランティアやイベントを取り上げていただきました!
サイトに記事の内容がありますので、ぜひご覧ください!!
http://vint-age.co.jp/event/%E5%A4%95%E5%88%8A%E3%83%95%E3%82%B8%E3%81%AB%E6%8E%B2%E8%BC%89%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81/

旧補足

■条件
高校生以上でクリエイティブに興味がある方、または志している方

■募集期間
11/19まで

■活動内容
代々木公園のケヤキ並みで開催するイベントで来場者の誘導、モデルさんなど演者さんの誘導・警備などをサポートしていただきます。

■活動日時
2018年11月24-25日(土日) 10:00-19:00

■集合場所
東京都渋谷区神南1丁目5−11 代々木公園ケヤキ並木

■活動場所
渋谷区道玄坂2-8-9 市橋ビル4階

■募集人数
15人

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールにてお名前、電話番号、年齢、参加日程を以下のアドレスまでお送りください。
kijima@vint-age.co.jp(担当:木島)
まずは11/3土に渋谷で行われる説明会においでください。

■主催団体
BE Vint-Age実行委員会

■お問合せ
kijima@vint-age.co.jp

■情報元URL
http://vint-age.co.jp/

■団体情報
BE Vint-Age実行委員会
SITE : http://vint-age.co.jp/
MAIL : kijima@vint-age.co.jp
住所 : 東京都渋谷区神南2−3
担当 : 木島

■その他・備考
11/3(土)ファッション・アートイベント「BE Vint-Age 2018」のボランティア説明会・懇親会を行います。

———————————————————
日時:2018年11月3日(土) 17:00〜19:00
場所:渋谷 SESSIION HOUSE
渋谷区道玄坂2-8-9 市橋ビル4階
———————————————————

「夕刊フジ」にボランティアやイベントを取り上げていただきました!
サイトに記事の内容がありますので、ぜひご覧ください!!
http://vint-age.co.jp/event/%E5%A4%95%E5%88%8A%E3%83%95%E3%82%B8%E3%81%AB%E6%8E%B2%E8%BC%89%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81/

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010584
主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【12月】福島の被災者の話し相手になり心の復興をお手伝いするボランティア募集
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-11-25 〜 2018-11-30
活動日
  • 2018/12/08
  • 2018/12/09
表示日時

2018年12月8日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 12月9日(日)21:00頃 新宿着

活動場所
指定なし/不明

,
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.6913294, 139.7059492
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

7名

宿泊

可能
[現地での宿泊] 特定非営利活動法人 Global Mission Japan 〒970-8026 福島県いわき市平字尼子町2番地の7 電話 0246-23-5490 https://globalmissionjapan.com/

参加費

無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

申込み方法

メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯南相馬〇クルー」)を記入のうえ、以下の世話役までメールください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

画像URL

その他

■集合場所
新宿駅西口 参加者に地図を送付します

■活動場所
福島県南いわき市

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp 070-5589-5552

■情報元URL
https://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

旧補足

■条件
[参加条件]
・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
2018年11月30日まで

■活動内容
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催

■活動日時
2018年12月8日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 12月9日(日)21:00頃 新宿着 

■集合場所
新宿駅西口 参加者に地図を送付します

■活動場所
福島県南いわき市

■募集人数
7名

■宿泊
可能
[現地での宿泊] 特定非営利活動法人 Global Mission Japan 〒970-8026 福島県いわき市平字尼子町2番地の7 電話 0246-23-5490 https://globalmissionjapan.com/

■参加費
無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

■お申し込み方法
メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯南相馬〇クルー」)を記入のうえ、以下の世話役までメールください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp 070-5589-5552

■情報元URL
https://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010583
主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
福島の被災者の話し相手になり、被災者の「心の復興」をお手伝いするボランティア募集
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催
・マッサージ(経験者限定)

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-10-24 〜 2018-11-24
活動日
  • 2018/12/01
  • 2018/12/02
表示日時

2018年12月1日(土) 朝7:00 新宿西口発 ~ 12月2日(日)21:00頃 新宿着

活動場所
福島県
南相馬市
,
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.6913294, 139.7059492
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

8名

宿泊

可能
〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町1丁目15 カリタス南相馬 0244-26-7718 FAX: 0244-26-8007 http://caritas.ctvc.jp/ http://www.facebook.com/ctvc.haramachi

参加費

無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

申込み方法

メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯南相馬〇クルー」)を記入のうえ、以下の世話役までメールください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

画像URL

その他

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊

■お問合せ
[本件に関するお問い合わせ] どこでも足湯隊 世話役 久保田正雪 拝 mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください

■情報元URL
https://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

旧補足

■条件
[参加条件]
・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・復興支援住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
11月24日

■活動内容
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、
被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災
関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。
・お茶っこ(お茶会)開催
・マッサージ(経験者限定)

■活動日時
2018年12月1日(土) 朝7:00 新宿西口発 ~ 12月2日(日)21:00頃 新宿着 

■集合場所
新宿駅西口 参加者に地図を送付します

■活動場所
福島県南相馬市

■募集人数
8名

■宿泊
可能
〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町1丁目15 カリタス南相馬 0244-26-7718 FAX: 0244-26-8007 http://caritas.ctvc.jp/ http://www.facebook.com/ctvc.haramachi

■参加費
無料 有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

■お申し込み方法
メールにて氏名、PCから受信できるメールアドレス、携帯電話番号、運転の可否、年齢、性別、参加希望クルー名(「足湯南相馬〇クルー」)を記入のうえ、以下の世話役までメールください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■主催団体
ボランティア団体 どこでも足湯隊

■お問合せ
[本件に関するお問い合わせ] どこでも足湯隊 世話役 久保田正雪 拝 mail: oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください

■情報元URL
https://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010582
主催団体
センダイ交流団
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
11月25日(日)に塩竈で開催される秋日和deフェスタの運営ボランティア募集
概要

役割分担:司会進行のみ11/17土曜日まで、募集延長!
イベント名や開催月は変わりますが、4年ぶりの塩竈で開催。今回は、震災後に開催地が変更となったクイーンズ駅伝も開かれ、会場前を選手が通過します。
太鼓・踊りを通じて、盛り上がりを発信します。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
〜 29 歳
その他の条件

・イベントは生ものなので、融通利かせてくれる方。
・お祭りが好きな方
・未経験・チャレンジしたい方
・20代までの若手(男女)

活動内容

しお彩テラスステージ
JR仙石線本塩釜駅から徒歩5分
午前9時~設営を行います。
※音響・簡易テント・のぼり旗設置

ボランティア役割
・司会進行
※ディレクターは主催が行います。
※活動後は活動証明書発行します。
※昼食は、軽食レベル準備予定。

カテゴリー

イベント

募集期間
2018-10-23 〜 2018-11-17
活動日
  • 2018/11/25
表示日時

11月25日(日)9:00-15:00予定

活動場所
宮城県
塩竈市海岸通12−3
38.3193923, 141.0237629
集合場所
宮城県
塩竈市海岸通12−3
38.3193923, 141.0237629
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

2人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールで氏名、フリガナ、年齢、住んでる地域(~市~区)、連絡先、学生なら学校名・学科(後日学校長へ御礼発送します)、希望役割分担、アクセス手段をお送りください。
※役割分担:司会進行のみ11/17土曜日まで、延長募集
送り先:sendai.0806@gmail.com

画像URL

その他

■集合場所
塩竈市千賀の浦緑地公園(塩竈市海岸通12−3)

■主催団体
センダイ交流団

■お問合せ
sendai.0806@gmail.com

■情報元URL
https://de39.webnode.jp/

■団体情報
センダイ交流団
電話090-9035-1490(事務局)
ホームページhttp://sk-h-g0806.strikingly.com/
FAX022-364-7184

旧補足

■条件
・イベントは生ものなので、融通利かせてくれる方。
・お祭りが好きな方
・未経験・チャレンジしたい方
・20代までの若手(男女)

■募集期間
11月3日(土)まで
※役割分担:司会進行のみ11/17土曜日まで、延長募集

■活動内容
しお彩テラスステージ
JR仙石線本塩釜駅から徒歩5分
午前9時~設営を行います。
※音響・簡易テント・のぼり旗設置

ボランティア役割
・司会進行
※ディレクターは主催が行います。
※活動後は活動証明書発行します。
※昼食は、軽食レベル準備予定。

■活動日時
11月25日(日)9:00-15:00予定

■集合場所
現地

■活動場所
塩竈市千賀の浦緑地公園

■募集人数
2人

■宿泊
不可能

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールで氏名、フリガナ、年齢、住んでる地域(~市~区)、連絡先、学生なら学校名・学科(後日学校長へ御礼発送します)、希望役割分担、アクセス手段をお送りください。
送り先:sendai.0806@gmail.com

■主催団体
センダイ交流団

■お問合せ
sendai.0806@gmail.com

■情報元URL
https://de39.webnode.jp/

■団体情報
センダイ交流団
電話090-9035-1490(事務局)
ホームページhttp://sk-h-g0806.strikingly.com/
FAX022-364-7184

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010581
主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【10/20-21 名古屋市】『名古屋まつり』お手伝いして頂ける方募集!
概要

岩手県陸前高田市で活動するNPO、一般社団法人SAVE TAKATAです! 今回は名古屋市で開催される『名古屋まつり』での陸前高田物産販売スタッフの募集です!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

現地集合、現地解散出来る方

活動内容

岩手県陸前高田市の物産販売

カテゴリー

イベント

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-10-17 〜 2018-10-20
活動日
  • 2018/10/20
  • 2018/10/21
表示日時

①2018年10月20日(土)10:00~21:00
②2018年10月21日(日)10:00~21:00

活動場所
愛知県
名古屋市中区栄3-15
35.1668262, 136.9081537
集合場所
愛知県
名古屋市中区栄3-15
35.1668262, 136.9081537
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

6名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
※参加希望日、時間帯を記載ください。
http://takaentai.org/informations/event157/

画像URL

その他

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event157/

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

旧補足

■条件
現地集合、現地解散出来る方

■募集期間
10月19日中(定員となり次第締切となります)

■活動内容
岩手県陸前高田市の物産販売

■活動日時
①2018年10月20日(土)10:00~21:00
②2018年10月21日(日)10:00~21:00

■集合場所
久屋大通公園会場 「エンゼル広場」(〒460-0008 名古屋市中区栄3-15)

■活動場所
久屋大通公園会場 「エンゼル広場」(〒460-0008 名古屋市中区栄3-15)

■募集人数
各日6名

■宿泊
不可能

■参加費
なし

■お申し込み方法
以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
※参加希望日、時間帯を記載ください。
http://takaentai.org/informations/event157/

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event157/

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010580
主催団体
仙台89ERS
タグ

シニア

高校生

スポーツボランティア

タイトル
【バスケ】仙台89ERS、2018-19シーズンボランティアスタッフ募集
概要

2018-19シーズンB.LEAGUEのホームゲームをサポートしてくださる
ボランティアスタッフを募集します!
臨場感溢れる会場で、私たちと一緒に活動しませんか?
経験は問いません。どなたでもお気軽にご参加ください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
15 歳 〜
その他の条件

活動内容

入場口対応、アリーナ案内、総合案内、車椅子対応、ファンクラブサポート、エコステーション対応
ボランティア対応、場内清掃、ほか

カテゴリー
募集期間
活動日
  • 2018/10/24
  • 2018/11/09
  • 2018/11/10
  • 2018/11/24
  • 2018/11/25
  • 2018/12/15
  • 2018/12/16
  • 2018/12/23
  • 2018/12/24
  • 2019/01/05
  • 2019/01/06
  • 2019/01/15
  • 2019/01/26
  • 2019/01/27
  • 2019/02/10
  • 2019/02/23
  • 2019/02/24
  • 2019/03/09
  • 2019/03/10
  • 2019/03/23
  • 2019/03/24
  • 2019/03/30
  • 2019/03/31
  • 2019/04/20
  • 2019/04/21
表示日時

2018-19シーズンのホームゲーム全30試合
※ホームアリーナでプレーオフ開催の場合はプレーオフも対象です(2019年5月開催予定/日程未定)

活動場所
宮城県
カメイアリーナ仙台(太白区富沢1-4-1)
38.2179259, 140.8691796
集合場所
宮城県
カメイアリーナ仙台(太白区富沢1-4-1)
38.2179259, 140.8691796
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

別紙申込書に必要事項をご記入の上、下記事務局までFAXまたは郵送でお送りください。
仙台89ERSボランティア事務局(担当:伊藤)
【郵送】〒982-0012 仙台市太白区長町南4-23-28
【FAX】022-281-8576

申込書→ https://goo.gl/5aob6o

画像URL

http://sendai.sportsvolunteer.info/wp-content/uploads/2018/03/89ERS.png

その他

■活動場所
・カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)[太白区富沢1-4-1/地下鉄「富沢駅」から徒歩5分]
・ゼビオアリーナ仙台[太白区あすと長町1-4-10/地下鉄・JR「長町駅」から徒歩5分]

■活動にあたって
・活動時に着用いただくジャケットを貸与いたします
・お弁当を支給いたします(昼に1回)
・ボランティア保険に加入していただきます(個人の負担はございません)
・いずれの会場も駐車場の用意がありませんので、公共交通機関でご来場ください
・会場までの交通費は各自の負担となりますのでご了承ください

■掲載元URL
https://www.89ers.jp/news/detail/id=7529

旧補足

■活動内容
入場口対応、アリーナ案内、総合案内、車椅子対応、ファンクラブサポート、エコステーション対応
ボランティア対応、場内清掃、ほか

■活動日
2018-19シーズンのホームゲーム全30試合
※ホームアリーナでプレーオフ開催の場合はプレーオフも対象です(2019年5月開催予定/日程未定)

■活動場所
・カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)[太白区富沢1-4-1/地下鉄「富沢駅」から徒歩5分]
・ゼビオアリーナ仙台[太白区あすと長町1-4-10/地下鉄・JR「長町駅」から徒歩5分]

■活動にあたって
・活動時に着用いただくジャケットを貸与いたします
・お弁当を支給いたします(昼に1回)
・ボランティア保険に加入していただきます(個人の負担はございません)
・いずれの会場も駐車場の用意がありませんので、公共交通機関でご来場ください
・会場までの交通費は各自の負担となりますのでご了承ください

■参加条件
高校生以上の方
*スポーツコミッションせんだいが主催する「中高生ボランティア養成講座」参加者は中学生でも登録できます

■申込方法
別紙申込書に必要事項をご記入の上、下記事務局までFAXまたは郵送でお送りください。
仙台89ERSボランティア事務局(担当:伊藤)
【郵送】〒982-0012 仙台市太白区長町南4-23-28
【FAX】022-281-8576

申込書→ https://goo.gl/5aob6o

■掲載元URL
https://www.89ers.jp/news/detail/id=7529

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010547
主催団体
認定NPO法人あっちこっち
タグ

東日本大震災

高校生

タイトル
被災地に届けるお菓子を作りませんか?認定NPO法人あっちこっちがボランティア募集
概要

私たち認定NPO法人あっちこっちでは、東日本大震災・熊本大震災で被害にあわれた方たちのもとへ行き、カフェ・コンサートをおこなっています。
音楽と共に、甘いお菓子で、被災地の方たちに笑顔になってもらえるお手伝いをしませんか。
カフェ・タイムでは、活動紹介や被災地の様子もお話します♪
今回も宮城県石巻市、福島県、熊本県の益城町の仮設住宅集会所で開催されている「おひさまカフェ」にお届けします。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

なし

活動内容

被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。
エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。
また支援金一口1,500円をお願いいたします。
会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

カテゴリー
募集期間
2018-10-10 〜 2018-11-21
活動日
  • 2018/11/21
表示日時

2018年11月21日(水)09:30〜12:30

活動場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.4305818, 139.6444477
集合場所
神奈川県
横浜市中区竹之丸133-3
35.4305818, 139.6444477
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

15名

宿泊

なし

参加費

支援金一口1,500円を任意でお受けしています

申込み方法

メール info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/271292910390946/

画像URL

その他

■主催団体
認定NPO法人あっちこっち

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308

旧補足

■募集期間
2018年11月21日まで

■活動内容
被災地でおこなうカフェ・コンサートでお出しするお菓子を手作りします。
エプロン、三角巾、ハンドタオル(髪の長い方はヘアゴム)をご持参ください。
また支援金一口1,500円をお願いいたします。
会場では調理室に直接お越しいただき、履物(スリッパがあります)を変えて、準備からあと片付けまでをお手伝いいただきます。

■活動日時
2018年11月21日(水)09:30〜12:30

■集合場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■活動場所
竹之丸地区センター2階調理室(横浜市中区竹之丸133-3)

■募集人数
15名

■宿泊
不可能

■参加費
支援金一口1,500円を任意でお受けしています

■お申し込み方法
メール info@acchicocchi.com
又は、以下のFacebookイベントページで参加クリックをお願いします。
https://www.facebook.com/events/271292910390946/

■主催団体
認定NPO法人あっちこっち

■お問合せ
info@acchicocchi.com

■情報元URL
http://acchicocchi.com

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください
認定NPO法人あっちこっち
090-1261-1308

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010546
主催団体
Mステーション
タグ

シニア

高校生

平成30年7月豪雨

タイトル
【平成30年7月豪雨】愛媛県宇和島でみかんの収穫ボランティアさん募集
概要

今年7月の豪雨被害でみかん畑の作業が出来ないまま3ヶ月が過ぎてしまいました。
私たち農家だけでは雑草を刈り取るだけでも大変です。
ボランティアさんの力を貸して下さい!
よろしくお願いします。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

健康な方でしたらどなたでも参加OKです。
未成年の方は保護者の承諾をお願いします。電話でも可能です。
ボランティア保険に加入してご参加をお願いします。

活動内容

みかん山、みかん畑でみかんの収穫作業や運搬、除草や下草刈りなどのお手伝いをお願いします。

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-10-12 〜 2018-11-30
活動日
随時 (2018-10-12 〜 2018-11-30)
表示日時

毎週末活動を実施しています。
平日の受け入れも可能ですのでご相談ください。
長期の方も大歓迎!
※11/3は地元のお祭りのためボランティア活動はありません

活動場所
愛媛県
宇和島市吉田町立間
33.290027, 132.5422752
集合場所
愛媛県
宇和島市吉田町立間
33.290027, 132.5422752
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

宿泊

宿泊施設は宇和島市吉田町立間奥白井谷に有るMステーションという私設ボラセンで無料で宿泊可能です。
トイレ、シャワーは有りますが入浴は近くの温泉施設を利用して下さい。

参加費

なし

申込み方法

参加日の3日以上前にメールでお名前、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、参加日程、宿泊の希望を記入のうえmeisyomaru18@docomo.ne.jpまでお送りください。

画像URL

その他

■集合場所と時間
JR予讃線 立間駅に朝9時までに集合して下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E9%96%93%E9%A7%85

■持参していただく物
着替え、タオル、雨具、手袋、歯ブラシなど…
みかん畑での作業になりますので地下たびやスパイクたびが有ると足元が滑らなくて作業がしやすくなります。
あと各自得意な作業が有りましたらその道具などご持参ください。

■参加特典
みかん食べ放題!
畑によって4種類のミカンが有ったり香りの強いレモンが有ったりします。

■URL
https://www.facebook.com/%EF%BC%AD%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1530743593738901/

■お問い合わせ
清家明(せいけあきら)
meisyomaru18@docomo.ne.jp
090-1005-8075
昼間は畑で作業をしていますので、連絡はなるべくメールでお願いします。

旧補足

■活動日
毎週末活動を実施しています。
平日の受け入れも可能ですのでご相談ください。
長期の方も大歓迎!
※11/3は地元のお祭りのためボランティア活動はありません

■参加条件
健康な方でしたらどなたでも参加OKです。
未成年の方は保護者の承諾をお願いします。電話でも可能です。
ボランティア保険に加入してご参加をお願いします。

■活動内容
みかん山、みかん畑でみかんの収穫作業や運搬、除草や下草刈りなどのお手伝いをお願いします。

■集合場所と時間
JR予讃線 立間駅に朝9時までに集合して下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E9%96%93%E9%A7%85

■持参していただく物
着替え、タオル、雨具、手袋、歯ブラシなど…
みかん畑での作業になりますので地下たびやスパイクたびが有ると足元が滑らなくて作業がしやすくなります。
あと各自得意な作業が有りましたらその道具などご持参ください。

■宿泊
宿泊施設は宇和島市吉田町立間奥白井谷に有るMステーションという私設ボラセンで無料で宿泊可能です。
トイレ、シャワーは有りますが入浴は近くの温泉施設を利用して下さい。

■参加費
なし

■参加特典
みかん食べ放題!
畑によって4種類のミカンが有ったり香りの強いレモンが有ったりします。

■URL
https://www.facebook.com/%EF%BC%AD%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1530743593738901/

■応募方法
参加日の3日以上前にメールでお名前、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、参加日程、宿泊の希望を記入のうえmeisyomaru18@docomo.ne.jpまでお送りください。

■お問い合わせ
清家明(せいけあきら)
meisyomaru18@docomo.ne.jp
090-1005-8075
昼間は畑で作業をしていますので、連絡はなるべくメールでお願いします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010545
主催団体
仙台スポーツボランティアプロジェクト
タグ

シニア

高校生

スポーツボランティア

タイトル
【仙台89ERS】バスケットボールのボランティア体験会開催!初心者大歓迎です
概要

仙台89ERSのホームゲームは、ボランティアスタッフの方々のサポートのもとに運営されています。1試合あたり約40名のスタッフが、ご来場された観客のみなさまに安心して快適に観戦いただけるように、会場内の各所で活動しています。仙台89ERSの試合運営において大きな戦力であり、欠かせない存在です。
まだ89ERSボランティアをしたことがない方を対象に体験ボランティアを募集いたします。是非ご参加ください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
15 歳 〜
その他の条件

高校生以上であれば、経験問わずにどなたにでもお気軽にお申し込み
いただけます。学生、初心者大歓迎です。みなさまのお申し込みをお待ちしております!

活動内容

入場口・案内・エコステーションなど

カテゴリー

スポーツ

募集期間
2018-10-10 〜 2019-01-10
活動日
  • 2019/01/05
  • 2019/01/06
  • 2019/01/26
  • 2019/01/27
表示日時

1月5日(土)10:30時集合→17:30終了予定
1月6日(日)9:30時集合→16:30終了予定
1月26日(土)10:30時集合→17:30終了予定
1月27日(日)9:30時集合→16:30終了予定
※終了時刻が前後する場合がございます
※以下の日程は受付修了
11月9日(金) 16:00集合→22:00終了予定
11月10日(土)10:30時集合→17:30終了予定
11月24日(土)10:30時集合→17:30終了予定
11月25日(日)9:30時集合→16:30終了予定
12月15日(土)10:30時集合→17:30終了予定
12月16日(日)9:30時集合→16:30終了予定
12月23日(日)12:30時集合→19:30終了予定
12月24日(月)9:30時集合→16:30終了予定

活動場所
宮城県
ゼビオアリーナ仙台(仙台市太白区あすと長町1丁目4−10、仙台市地下鉄・JR『長町駅』徒歩5分)
38.2304025, 140.8871665
集合場所
宮城県
ゼビオアリーナ仙台(仙台市太白区あすと長町1丁目4−10、仙台市地下鉄・JR『長町駅』徒歩5分)
38.2179259, 140.8691796
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

5名程度(定員になり次第締め切り)

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

ボランティア保険への加入のため、以下の内容を活動日の8日前までにメールでお送りください。

参加日程(複数日程OK):
名前:
ふりがな:
生年月日(西暦):
年齢:
性別:
郵便番号:
住所:
電話番号(携帯希望):
メールアドレス:
緊急連絡先:
緊急連絡先お名前:
緊急連絡先の方との続柄:

送り先:izumita@dm.mbn.or.jp(窓口 市民スポーツボランティアSV2004)

画像URL

http://sendai.sportsvolunteer.info/wp-content/uploads/2018/03/89ERS.png

その他

■服装
動きやすい格好
※スカート、ショートパンツ、ハイヒール、サンダルなどはご遠慮ください。
※内履きは不要です。
※初参加の方へジャンパーとIDパスは当日貸与いたします。

■その他
・お弁当とドリンクを用意します
・貴重品は各自で管理いただきます。サコッシュやミニバックをご持参ください
・活動前に、チームの簡単な説明や、会場内の案内、活動内容についてご説明いたします。また、当日は皆さまのコーディネーターが不明な点など丁寧に対応させていただきます。

■仙台89ERSホームページ
https://www.89ers.jp/

■登録窓口
市民スポーツボランティアSV2004

■キーワード
バスケ 89ERS 仙台 スポーツボランティア ボランティア体験会

旧補足

■参加条件
高校生以上であれば、経験問わずにどなたにでもお気軽にお申し込み
いただけます。学生、初心者大歓迎です。みなさまのお申し込みをお待ちしております!

■活動内容
会場・座席案内やエコステーションで来場者対応(初心者の方でも安心して活動できる内容です)

■活動日時
1月5日(土)10:30時集合→17:30終了予定
1月6日(日)9:30時集合→16:30終了予定
1月26日(土)10:30時集合→17:30終了予定
1月27日(日)9:30時集合→16:30終了予定
※終了時刻が前後する場合がございます
※以下の日程は受付修了
11月9日(金) 16:00集合→22:00終了予定
11月10日(土)10:30時集合→17:30終了予定
11月24日(土)10:30時集合→17:30終了予定
11月25日(日)9:30時集合→16:30終了予定
12月15日(土)10:30時集合→17:30終了予定
12月16日(日)9:30時集合→16:30終了予定
12月23日(日)12:30時集合→19:30終了予定
12月24日(月)9:30時集合→16:30終了予定

■活動場所
ゼビオアリーナ仙台(仙台市太白区富沢1丁目4−1、仙台市地下鉄・JR『長町駅』徒歩5分)

■募集人数
5名程度(定員になり次第締め切り)

■お申し込み方法
ボランティア保険への加入のため、以下の内容を活動日の8日前までにメールでお送りください。

参加日程(複数日程OK):
名前:
ふりがな:
生年月日(西暦):
年齢:
性別:
郵便番号:
住所:
電話番号(携帯希望):
メールアドレス:
緊急連絡先:
緊急連絡先お名前:
緊急連絡先の方との続柄:

送り先:izumita@dm.mbn.or.jp(窓口 市民スポーツボランティアSV2004)

■募集締め切り
各日程の8日前
※締め切り後の応募の場合は体験会への参加はできませんのでご注意ください

■服装
動きやすい格好
※スカート、ショートパンツ、ハイヒール、サンダルなどはご遠慮ください。
※内履きは不要です。
※初参加の方へジャンパーとIDパスは当日貸与いたします。

■その他
・お弁当とドリンクを用意します
・貴重品は各自で管理いただきます。サコッシュやミニバックをご持参ください
・活動前に、チームの簡単な説明や、会場内の案内、活動内容についてご説明いたします。また、当日は皆さまのコーディネーターが不明な点など丁寧に対応させていただきます。

■仙台89ERSホームページ
https://www.89ers.jp/

■登録窓口
市民スポーツボランティアSV2004

■キーワード
バスケ 89ERS 仙台 スポーツボランティア

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010544
主催団体
女川いずしまハンチャイ
タグ

東日本大震災

タイトル
【初心者・学生歓迎】10/27(土)女川出島に一緒に行ってくれるボランティア募集
概要

女川の離島、出島と書いて” イズシマ ”
「女川いずしまハンチャイ」では、東北大震災後から 出島の5月のお祭りを盛り上げるお手伝いをしてきました。
今回は10月27日(土) 、出島を一緒に散策してくれる方を募集します。可能であれば椿の実収穫のお手伝いをする予定です。
”巡航船に乗って出島を見るだけでもいいよ” という方も大歓迎です。
興味のある方 お声がけください!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・船に乗れる方
・自然を大事にする方
・女川駅 集合解散できる方
( 詳しくは お問い合わせメール下さい )

活動内容

明るくアクティブなお母ちゃん達が島の自然を活かして時給自足の試み。椿油づくりに挑戦です!
島に自生している椿の樹は 自然そのまま。
傾斜に生えていたり 足元は草藪‥‥収穫した実を油にすると1/10量にしかならないので、出来るだけ多く採らないと!
実を取る、拾う、シートを広げる、実を見つけて教える、草藪をかき分ける、盛り上げる、など自分に出来ることをお願いします。

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-10-07 〜 2018-10-20
活動日
  • 2018/10/27
表示日時

10月27日(土)
又は28日(日)

活動場所
宮城県
牡鹿郡女川町出島字出島
38.457712, 141.5217771
集合場所
宮城県
牡鹿郡女川町宮ケ崎宮ヶ崎地先
38.444947, 141.4507069
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

5〜6人

宿泊

要相談
女川駅隣のトレーラーハウス 又は 出島内民宿

参加費

実費 ( 女川港から 巡航船 往復 1440円 )

申込み方法

メールにて件名に「10月27日 女川いずしまにボランティアの件 」、本文にお名前・電話番号・メールアドレス・年齢・住所を記載のうえ以下のアドレスまでメールでお申し込み下さいませ。
hancyai@yahoo.co.jp
女川までの交通手段もお知らせ下さい。

画像URL

その他

■主催団体
女川いずしまハンチャイ
https://www.facebook.com/hancyai.m/

■お問合せ
お問い合わせ先:メール hancyai@yahoo.co.jp

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください

■その他・備考
小さい島ながら、海はきれいで 山野草もあり。
何より 人が純粋です。
一人でも多くの方に 出島のよさを体感して頂きたい。
気に入って頂けたら、 釣りに訪れたり 5月のお祭りに足を運んだりしてほしいです。
一回目の椿の実収穫お手伝いボランティアの光景はこちらのブログを参照下さい( 2018.9月28日 )
https://blogs.yahoo.co.jp/hanchyai
* 離島ですので 船に乗ります。
*全て実費となります。
*自己完結 自己責任でお願いします。ボランティア保険の加入をお勧めします。
継続していくにあたり寄付や募金の募集もしております。

旧補足

■条件
・船に乗れる方
・自然を大事にする方
・女川駅 集合解散できる方
( 詳しくは お問い合わせメール下さい )

■募集期間
10月20日まで

■活動内容
明るくアクティブなお母ちゃん達が島の自然を活かして時給自足の試み。椿油づくりに挑戦です!
島に自生している椿の樹は 自然そのまま。
傾斜に生えていたり 足元は草藪‥‥収穫した実を油にすると1/10量にしかならないので、出来るだけ多く採らないと!
実を取る、拾う、シートを広げる、実を見つけて教える、草藪をかき分ける、盛り上げる、など自分に出来ることをお願いします。

■活動日時
10月27日 ( 又は28日)

■集合場所
女川港 6:40 ( 6:50 発の巡航船 )

■活動場所
宮城県牡鹿郡女川町出島字出島

■募集人数
5〜6人

■宿泊
要相談
女川駅隣のトレーラーハウス 又は 出島内民宿

■参加費
実費 ( 女川港から 巡航船 往復 1440円 )

■お申し込み方法
メールにて件名に「10月27日 女川いずしまにボランティアの件 」、本文にお名前・電話番号・メールアドレス・年齢・住所を記載のうえ以下のアドレスまでメールでお申し込み下さいませ。
hancyai@yahoo.co.jp
女川までの交通手段もお知らせ下さい。

■主催団体
女川いずしまハンチャイ
https://www.facebook.com/hancyai.m/

■お問合せ
お問い合わせ先:メール hancyai@yahoo.co.jp

■団体情報
電話番号、FAX、住所などあればご記入ください

■その他・備考
小さい島ながら、海はきれいで 山野草もあり。
何より 人が純粋です。
一人でも多くの方に 出島のよさを体感して頂きたい。
気に入って頂けたら、 釣りに訪れたり 5月のお祭りに足を運んだりしてほしいです。
一回目の椿の実収穫お手伝いボランティアの光景はこちらのブログを参照下さい( 2018.9月28日 )
https://blogs.yahoo.co.jp/hanchyai
* 離島ですので 船に乗ります。
*全て実費となります。
*自己完結 自己責任でお願いします。ボランティア保険の加入をお勧めします。
継続していくにあたり寄付や募金の募集もしております。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010543
主催団体
「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2018実行委員
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
【10月郡山】高校生から誰でもOK!職業体験イベントのボランティア募集!
概要

「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験は、小中学生が60以上の職業の体験ができる、震災を経験した有志が実行委員として立ち上げたイベントです。
当日、子ども達が安全に体験できるよう、行列のサポートをするボランティアです。一緒にイベントを創ってくださる方、大募集です!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・両日が望ましいですが、1日だけでもOKです。
・誰でもOK
・できるだけ公共交通機関でご来場ください

活動内容

イベントでの子ども達の誘導や会場案内等

カテゴリー

イベント

子供・教育

災害支援

募集期間
2018-10-01 〜 2018-10-09
活動日
  • 2018/10/13
  • 2018/10/14
表示日時

10月13日(土)、14日(日)8:00~17:30

活動場所
福島県
郡山市南2丁目52
37.3694409, 140.3739473
集合場所
福島県
郡山市南2丁目52
37.3694409, 140.3739473
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

30人

宿泊

なし

参加費

無料

申込み方法

1.お申し込みフォーム:
https://docs.google.com/forms/d/1UdBgjkNTfiFCMBBW7U2WtsxdVzSfivikg8MhREyRYD0/edit

2.メール
担当者(宮﨑)にメールにてご連絡ください(上記アドレス)。
件名を「ボランティア希望」とし、以下の内容をご記入ください。
1.お名前
2.お電話番号
3.メールアドレス(携帯以外が望ましい)Gmail可。
4.所属(学校・企業名など)
5.参加可能日時(10月13日、10月14日、1日でも両日でもOK)

画像URL

その他

■主催団体
「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2018実行委員

■イベント情報
『ふくしまのたからばこ』キッズお仕事体験2018
10月13日(土)14(日) 10:00~17:00
会場「ビックパレット福島」

■食事
イベント当日にお弁当を支給いたします。

■お問合せ
担当者:宮﨑恵美(実行委員) 
電話:090-2954-0951
メール:polepolebaby@gmail.com

■情報元URL
https://fukushimanotakarabako.com/

■団体情報
https://www.facebook.com/fukushimatreasurebox/

旧補足

■条件
・両日が望ましいですが、1日だけでもOKです。
・誰でもOK
・できるだけ公共交通機関でご来場ください

■募集期間
募集終了:平成30年10月9日まで

■活動内容
イベントでの子ども達の誘導や会場案内等

■活動日時
10月13日(土)、14日(日)8:00~17:30
イベント自体は2日間ありますが、どちらか一方だけでもかまいません。お申し込み時にお知らせください。

■集合場所
ビックパレットふくしま 多目的ホール受付

■活動場所
福島県郡山市南2丁目52

■募集人数
30人

■宿泊
不可能

■参加費
無料

■お申し込み方法
1.お申し込みフォーム:
https://docs.google.com/forms/d/1UdBgjkNTfiFCMBBW7U2WtsxdVzSfivikg8MhREyRYD0/edit

2.メール
担当者(宮﨑)にメールにてご連絡ください(上記アドレス)。
件名を「ボランティア希望」とし、以下の内容をご記入ください。
1.お名前
2.お電話番号
3.メールアドレス(携帯以外が望ましい)Gmail可。
4.所属(学校・企業名など)
5.参加可能日時(10月13日、10月14日、1日でも両日でもOK)

■主催団体
「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2018実行委員

■イベント情報
『ふくしまのたからばこ』キッズお仕事体験2018
10月13日(土)14(日) 10:00~17:00
会場「ビックパレット福島」

■食事
イベント当日にお弁当を支給いたします。

■お問合せ
担当者:宮﨑恵美(実行委員) 
電話:090-2954-0951
メール:polepolebaby@gmail.com

■情報元URL
https://fukushimanotakarabako.com/

■団体情報
https://www.facebook.com/fukushimatreasurebox/

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010542
主催団体
被災写真洗浄活動@流山
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【2018年10月 千葉県流山市】 津波による被災写真の洗浄とデジタル化 参加者
概要

津波に流されてしまい集められた品々の中に、大切な思い出が詰まった写真・アルバム類が多くありました。今でも汚れたまま保管され、持ち主不明で手元に戻っていないものも多くあります。持ち主の元へ届くよう、現地から写真をお預かりし、千葉県流山市で洗浄作業とデジタル化を行い、現地にお戻しします。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

活動内容

津波による被災写真の洗浄とデジタル化

カテゴリー

文化

災害支援

募集期間
2018-10-01 〜 2018-10-26
活動日
  • 2018/10/06
  • 2018/10/07
  • 2018/10/14
  • 2018/10/20
  • 2018/10/27
  • 2018/10/28
表示日時

・10月6日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・10月7日(日)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・10月14日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・10月20日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・10月27日(土)10:00-17:00 @第5会議室(3階)
・10月28日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

活動場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
集合場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

10名

宿泊

なし

参加費

参加費はかかりません

申込み方法

①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

画像URL

その他

■主催団体
被災写真洗浄活動@流山

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

旧補足

■条件
写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

■活動内容
津波による被災写真の洗浄とデジタル化

■活動日時
・10月6日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・10月7日(日)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
・10月14日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・10月20日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・10月27日(土)10:00-17:00 @第5会議室(3階)
・10月28日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

■集合場所
直接活動場所にお越しください

■活動場所
流山市生涯学習センター(千葉県流山市中110/最寄り駅:流山セントラルパーク駅)

■募集人数
10名

■宿泊
なし

■参加費
参加費はかかりません

■お申し込み方法
①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

■主催団体
被災写真洗浄活動@流山

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010541
主催団体
今できることプロジェクト
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
10/27(土)気仙沼市「美しい港町を取り戻す」ボランティア日帰りツアー募集!
概要

精力的に進む復興工事で、いまや大きく変化を遂げつつある気仙沼市の港町。フェリーが行き交う港湾沿いの弁天町地区でも、「一景嶋(いっけいじま)神社」が2013年3月に復活を果たし、地域における集いの場として賑わいを取り戻しつつあります。今回のツアーは、市内の現状を確かめながら神社を訪ね、地元で継続的に支援活動を続けている気仙沼復興協会のスタッフと一緒に境内の草とりなど環境整備のお手伝いを行います。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・「今できることプロジェクト」の趣旨に賛同し、ボランティア型支援についての理解をより深めたいと考えている方。
・当日配布するアンケートに記入いただけること。
・当日写真ならびに映像撮影させていただき、新聞および特設HP・facebookに掲載させていただく場合があることをご了承いただける方。
※高齢の方、もしくは持病(重度の喘息等)や障害をお持ちの方は、ボランティア活動時や災害発生時の安全確保の観点から、主催者の判断で参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。

活動内容

行程/利用貸切バス会社名:みちのく観光
8:00 仙台駅東口より出発
11:00 気仙沼市着〜気仙沼復興協会スタッフによる語り部バスガイド(復興の様子を車窓より見学)
12:00 昼食 
13:00 ボランティア活動(境内の草とり) 
15:00 活動終了〜終了オリエンテーション
16:00 気仙沼 海の市(お買い物) 
20:00 仙台駅東口到着解散

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-10-05 〜 2018-10-15
活動日
  • 2018/10/27
表示日時

10月27日(土)日帰り

活動場所
宮城県
気仙沼市弁天町1-23-1
38.8959799, 141.5798027
集合場所
宮城県
仙台市青葉区中央1丁目10−10
38.2601495, 140.8804523
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

60名(最少催行人員20名)

宿泊

なし

参加費

1名につき1,000円(大人・子ども(小学生以下)同額)

申込み方法

ハガキまたはメールに、代表者の住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡がつきやすい電話)、参加希望人数、参加者全員の氏名と年齢、参加希望動機をご記入の上、下記応募先までお送りください。
【はがき】
〒980-0804 仙台市青葉区大町1-4-1
明治安田生命仙台ビル4F
(株)JTB仙台支店
「10月27日出発気仙沼ボランティア」係

【メール】
hsendai2@jtb.com
※係名を必ずご記入ください。

応募締切/10月15日(月) ※当日消印有効
※応募数多数の場合は抽選となり、当選者には、詳しい旅行条件等を記載した書類を10月22日までに郵送いたしますので、ご確認のうえ旅行代金のお振込みとともに旅行お申し込みをお願いいたします。
※申し込みにあたりご提供いただいた個人情報は、お客様との連絡のほか、当プロジェクト推進のために当プロジェクトを主催する河北新報社へ提供いたします。

画像URL

https://www.kahoku.co.jp/imadeki/img/paper/20181004/header.jpg

その他

■食事条件
昼1回付

■添乗員
仙台駅より全行程同行します

■行程/利用貸切バス会社名
みちのく観光

■ボランティアコーディネート
NPO法人ボランティアインフォ
http://volunteerinfo.jp/

■掲載元URL
https://www.kahoku.co.jp/imadeki/2018/paper2.html

旧補足

■参加条件
・「今できることプロジェクト」の趣旨に賛同し、ボランティア型支援についての理解をより深めたいと考えている方。
・当日配布するアンケートに記入いただけること。
・当日写真ならびに映像撮影させていただき、新聞および特設HP・facebookに掲載させていただく場合があることをご了承いただける方。
※高齢の方、もしくは持病(重度の喘息等)や障害をお持ちの方は、ボランティア活動時や災害発生時の安全確保の観点から、主催者の判断で参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。

■活動内容
行程/利用貸切バス会社名:みちのく観光
8:00 仙台駅東口より出発
11:00 気仙沼市着〜気仙沼復興協会スタッフによる語り部バスガイド(復興の様子を車窓より見学)
12:00 昼食 
13:00 ボランティア活動(境内の草とり) 
15:00 活動終了〜終了オリエンテーション
16:00 気仙沼 海の市(お買い物) 
20:00 仙台駅東口到着解散

■活動日程
10月27日(土)日帰り

■募集人数
60名(最少催行人員20名)

■宿泊
なし

■参加費
1名につき1,000円(大人・子ども(小学生以下)同額)

■申し込み方法
ハガキまたはメールに、代表者の住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡がつきやすい電話)、参加希望人数、参加者全員の氏名と年齢、参加希望動機をご記入の上、下記応募先までお送りください。
【はがき】
〒980-0804 仙台市青葉区大町1-4-1
明治安田生命仙台ビル4F
(株)JTB仙台支店
「10月27日出発気仙沼ボランティア」係

【メール】
hsendai2@jtb.com
※係名を必ずご記入ください。

応募締切/10月15日(月) ※当日消印有効
※応募数多数の場合は抽選となり、当選者には、詳しい旅行条件等を記載した書類を10月22日までに郵送いたしますので、ご確認のうえ旅行代金のお振込みとともに旅行お申し込みをお願いいたします。
※申し込みにあたりご提供いただいた個人情報は、お客様との連絡のほか、当プロジェクト推進のために当プロジェクトを主催する河北新報社へ提供いたします。

■食事条件
昼1回付

■添乗員
仙台駅より全行程同行します

■行程/利用貸切バス会社名
みちのく観光

■ボランティアコーディネート
NPO法人ボランティアインフォ
http://volunteerinfo.jp/

■掲載元URL
https://www.kahoku.co.jp/imadeki/2018/paper2.html

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010540
主催団体
りす会山口
タグ

シニア

平成30年7月豪雨

タイトル
【平成30年7月豪雨】山口でできる写真洗浄ボランティア:岡山・広島の被災写真
概要

東日本大震災で被災した写真を綺麗に洗って修正して、 被災者の方にお戻しする活動を行っていた「あらいぐま作戦in山口」です。 今回は、西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業をしています。 現地まではなかなか行けない、体力もない、写真洗浄なんてやったことがない、そんな方でもできる作業です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

活動内容

西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-24 〜 2018-10-26
活動日
  • 2018/10/13
  • 2018/10/27
表示日時

2018年10月13,27日 いずれも(土)9:30-17:00

活動場所
山口県
周南市速玉町3番17号
34.0461114, 131.809744
集合場所
山口県
周南市速玉町3番17号
34.0461114, 131.809744
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

各回10名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

webサイトからお申し込みをお願いします。
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/
「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

画像URL

その他

■主催団体
りす会山口

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

旧補足

■条件
どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

■募集期間
2018年10月26日まで

■活動内容
西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

■活動日時
2018年10月13,27日 いずれも(土)9:30-17:00

■集合場所
周南市徳山社会福祉センター(周南市速玉町3番17号)

■活動場所
周南市徳山社会福祉センター(周南市速玉町3番17号)

■募集人数
各回10名

■宿泊
不可能

■参加費
なし

■お申し込み方法
webサイトからお申し込みをお願いします。
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/
「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

■主催団体
りす会山口

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010539
主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水
タグ

東日本大震災

タイトル
【11月~12月・福島】郡山市で、子供たちのために水を配布するボランティア募集!
概要

福島では子供のいるお母さん方は(特に乳幼児、児童)、ごはんを炊くにも、味噌汁を作るにも、学校へ持たせる水もみな、ミネラルウォーターを使用している方が多いです。それは、震災当初から現在もあまり変わりません。8年目を迎えた今は、消えることのない放射能が与える子供たちの影響への不安、そして努力しつづけることに疲れているのが現状です。その母親により添い続ける大切な働きの一つとして、水の配布を継続しています

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・現地集合解散できる方
(電車で来られ方は郡山駅から現地すぐ前までバスが出ていますので、バスでお越しください。詳細はメールにてお知らせいたします。帰りの送迎は可能です。)
・18才未満の方は親御さんの承諾をお願いします。(おうちの方と連絡が取れるよう、家の電話又は携帯番号をお知らせください。)
火曜日は、お昼をご持参下さい。

活動内容

毎月約2000名への、妊産婦、0~18歳に、ミネラルウォーターを配布しております。一日、約300~400名分の水等を月5回に分け配布しています。その水の荷卸し、車への詰め込み作業をお願いします。一人につき4ケース差し上げています。その他、ジュース、食品などもありますので5ケース~6ケースほどになります。
女性の方は荷物運びではなく細々とした仕分けの作業や、子供たちのお世話などをお願いしております。運びが出来る方にはそちらもお願いしています。また、ボランティアの方が多い日は、配布倉庫の整理をお願いすることもあります。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-26 〜 2018-12-07
活動日
  • 2018/11/03
  • 2018/11/06
  • 2018/11/10
  • 2018/11/13
  • 2018/11/17
  • 2018/12/01
  • 2018/12/04
  • 2018/12/08
  • 2018/12/11
  • 2018/12/15
表示日時

11月3日(土)、6日(火)、10日(土)、13日(火)、17日(土) 12月1日(土)、4日(火)、8日(土)、11日(火)、15日(土)1クール午後2時30分~4時30分、(1時間休憩後)2クール午後5時30分~7時 火曜日は左記に加え午前10時30分~12時(お昼休憩あり)

活動場所
福島県
郡山市逢瀬町多田野宮南2
37.3971687, 140.2706185
集合場所
福島県
郡山市逢瀬町多田野宮南2
37.3971687, 140.2706185
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

毎回7~8名

宿泊

要相談

参加費

なし

申込み方法

お名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、希望参加日(時間)、交通手段、簡単な参加理由をご記入の上、「ボランティア募集の件」と記載し、fukushimainochinomizu@gmail.comまで、お申し込みください。
18歳未満の方は、親御さんの承諾を得、家の電話番号または、親御さんの携帯番号を記載して下さい。
バス時刻表詳細希望(片道660円)があれば記載下さい。
メールが難しい方は、お電話でどうぞ。

画像URL

https://www.facebook.com/fukushimainochinomizu/photos/pcb.2126836007348822/2126834490682307/?type=3&theater

その他

■主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

■お問合せ
090-7079-5011 代表 坪井

■情報元URL
http://fukushimainochinomizu.com

■団体情報
「ひとりの子のいのちを救うために」というキャッチフレーズのもと、ミネラルウォーターの無償配布により、内部被爆を軽減し(個人支援)、放射能被害を受けた母親達に、傾聴の場としてのサロン座談会を提供し(組織的支援)、更に、通勤圏内避難住居の建設(生活環境的支援)によって、児童とその保護者とに、希望と生きる強い意志を喚起することで、放射能症軽減、不安による堕胎、社会崩壊を防止することを目的とし活動開始。

2015年からは、サンタクロースオペレーション開始。配布場を方八町から多田野へ(以前の7~8倍の広さ)移し、プロジェクトを実行するため、プロジェクトキャラクターとして、サンタクロースを用いたサンタクロースオペレーションを実行する。センターをサンタハウスに作り、子供達がポジティブな環境の中で、これらのケアーを受けることができるように、サンタハウス(遊戯場、セミナー室)とサンタランド(保養キャンプ)で、子供達の夢と希望の物語(サンタクロースオペレーション)を創って行く。

2015年11月よりシリア難民支援開始。~福島の子どもたちからシリアの子どもたちへ~
2016年4月 第1回シリア難民支援物資輸送完了
2017年4月より「おばあちゃんと子ども食堂」開始
第2回シリア難民支援物資輸送準備開始
2018年3月末
第2回シリア難民支援物資輸送

7年が過ぎた現在は、上記の活動と共に、今も変わらない母親の不安に寄り添い続けることを大切にしている。
水配布住所)福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2 サンタハウス
事務所)福島県郡山市安積1-3-5
代表電話)090-7079-5011(坪井)

■その他・備考
福島県の中通りは、低放射能地域です。常に、0.2~0.6μシーベルトの中で生活しています。
> またホットスポットもいたる所にあり、すべてを把握することは難しい状況です。その中で、放射能の影響を大人より5倍も多く受ける子供を持つ親は気が休まる時はありません。常に不安な思いを持ちつつも、最善の努力をしています。水はとても大切です。ですが、それ以上にこの現実を知ることが大事だと思っております。どうぞ、福島を見て知って下さい。(2011年~2015年頃)
2018年の現在、放射線量はだいぶ下がり、放射能の話をすること自体疲れた雰囲気が福島にはあります。その中で、お母さん方の押し殺した不安は続いています。ガンや突然死などが多いことも一つです。福島に来て、見て、話を聴いて下さることが、とても大きいボランティアとなります。ご支援よろしくお願いいたします。

旧補足

■条件
・現地集合解散できる方
(電車で来られ方は郡山駅から現地すぐ前までバスが出ていますので、バスでお越しください。詳細はメールにてお知らせいたします。帰りの送迎は可能です。)
・18才未満の方は親御さんの承諾をお願いします。(おうちの方と連絡が取れるよう、家の電話又は携帯番号をお知らせください。)
火曜日は、お昼をご持参下さい。

■募集期間
2018年12月7日

■活動内容
毎月約2000名への、妊産婦、0~18歳に、ミネラルウォーターを配布しております。一日、約300~400名分の水等を月5回に分け配布しています。その水の荷卸し、車への詰め込み作業をお願いします。一人につき4ケース差し上げています。その他、ジュース、食品などもありますので5ケース~6ケースほどになります。
女性の方は荷物運びではなく細々とした仕分けの作業や、子供たちのお世話などをお願いしております。運びが出来る方にはそちらもお願いしています。また、ボランティアの方が多い日は、配布倉庫の整理をお願いすることもあります。

■活動日時
11月3日(土)、6日(火)、10日(土)、13日(火)、17日(土) 12月1日(土)、4日(火)、8日(土)、11日(火)、15日(土)1クール午後2時30分~4時30分、(1時間休憩後)2クール午後5時30分~7時 火曜日は左記に加え午前10時30分~12時(お昼休憩あり)

■集合場所
FUKUSHIMAいのちの水 サンタハウス 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2

■活動場所
FUKUSHIMAいのちの水 サンタハウス 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2

■募集人数
毎回7~8名

■宿泊
要相談

■参加費
なし

■お申し込み方法
お名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所、希望参加日(時間)、交通手段、簡単な参加理由をご記入の上、「ボランティア募集の件」と記載し、fukushimainochinomizu@gmail.comまで、お申し込みください。
18歳未満の方は、親御さんの承諾を得、家の電話番号または、親御さんの携帯番号を記載して下さい。
バス時刻表詳細希望(片道660円)があれば記載下さい。
メールが難しい方は、お電話でどうぞ。

■主催団体
特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

■お問合せ
090-7079-5011 代表 坪井

■情報元URL
http://fukushimainochinomizu.com

■団体情報
「ひとりの子のいのちを救うために」というキャッチフレーズのもと、ミネラルウォーターの無償配布により、内部被爆を軽減し(個人支援)、放射能被害を受けた母親達に、傾聴の場としてのサロン座談会を提供し(組織的支援)、更に、通勤圏内避難住居の建設(生活環境的支援)によって、児童とその保護者とに、希望と生きる強い意志を喚起することで、放射能症軽減、不安による堕胎、社会崩壊を防止することを目的とし活動開始。

2015年からは、サンタクロースオペレーション開始。配布場を方八町から多田野へ(以前の7~8倍の広さ)移し、プロジェクトを実行するため、プロジェクトキャラクターとして、サンタクロースを用いたサンタクロースオペレーションを実行する。センターをサンタハウスに作り、子供達がポジティブな環境の中で、これらのケアーを受けることができるように、サンタハウス(遊戯場、セミナー室)とサンタランド(保養キャンプ)で、子供達の夢と希望の物語(サンタクロースオペレーション)を創って行く。

2015年11月よりシリア難民支援開始。~福島の子どもたちからシリアの子どもたちへ~
2016年4月 第1回シリア難民支援物資輸送完了
2017年4月より「おばあちゃんと子ども食堂」開始
第2回シリア難民支援物資輸送準備開始
2018年3月末
第2回シリア難民支援物資輸送

7年が過ぎた現在は、上記の活動と共に、今も変わらない母親の不安に寄り添い続けることを大切にしている。
水配布住所)福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2 サンタハウス
事務所)福島県郡山市安積1-3-5
代表電話)090-7079-5011(坪井)

■その他・備考
福島県の中通りは、低放射能地域です。常に、0.2~0.6μシーベルトの中で生活しています。
> またホットスポットもいたる所にあり、すべてを把握することは難しい状況です。その中で、放射能の影響を大人より5倍も多く受ける子供を持つ親は気が休まる時はありません。常に不安な思いを持ちつつも、最善の努力をしています。水はとても大切です。ですが、それ以上にこの現実を知ることが大事だと思っております。どうぞ、福島を見て知って下さい。(2011年~2015年頃)
2018年の現在、放射線量はだいぶ下がり、放射能の話をすること自体疲れた雰囲気が福島にはあります。その中で、お母さん方の押し殺した不安は続いています。ガンや突然死などが多いことも一つです。福島に来て、見て、話を聴いて下さることが、とても大きいボランティアとなります。ご支援よろしくお願いいたします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010538
主催団体
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク
タグ

東日本大震災

タイトル
東日本大震災から毎年開催の「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」ボランティア募集
概要

私たち「NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク」は、2011年から「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」を開催しています。
はっぴーあいらんど☆フェスティバル開催2日間の受付・会場設営・観客誘導などなどイベントを手伝ってくれる方を募集します。
東日本大震災、原発事故後の福島を一緒に考えたい方、大歓迎です。是非ご参加ください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
15 歳 〜
その他の条件

高校生以上の方
現地集合現地解散が出来る方

活動内容

福島県猪苗代町にある猪苗代町体験交流館【学びいな】にて開催される「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」のイベントサポート

カテゴリー

イベント

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-09-24 〜 2018-10-20
活動日
  • 2018/10/27
  • 2018/10/28
表示日時

2018年10月27・28日9:00~21:00(時間内6時間以上希望)

活動場所
福島県
耶麻郡猪苗代町鶴田141-1
37.5624677, 140.100544
集合場所
福島県
耶麻郡猪苗代町鶴田141-1
37.5624677, 140.100544
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

30人

宿泊

民宿(自費)詳細 http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2424

参加費

なし

申込み方法

詳細内容は下記からご覧ください
http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2424
サイトから申し込みが出来ます。

画像URL

https://photos.app.goo.gl/LJZ73R9Ta35THcxw9

その他

■お問合せ
happy.island311@gmail.com

■情報元URL
http://happy-island.moo.jp/

■団体情報
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク
所在地:
〒962-0403
福島県須賀川市滑川字東町327-1
090-5237-4312(スズキ)
E-mail
happy.island311@gmail.com

■その他・備考
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークは東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後、福島に住むという事に正面から向き合い、多岐にわたる様々な問題を共有しながら、今を見つめ未来を考える活動をしています。ボランティアに参加しながら一緒に考えてみませんか?お待ちしています。

旧補足

■条件
高校生以上の方
現地集合現地解散が出来る方

■募集期間
2018年10月20日まで

■活動内容
福島県猪苗代町にある猪苗代町体験交流館【学びいな】にて開催される「はっぴーあいらんど☆フェスティバル」のイベントサポート

■活動日時
2018年10月27・28日9:00~21:00(時間内6時間以上希望)

■集合場所
猪苗代町体験交流館【学びいな】 〒969-3123 福島県耶麻郡猪苗代町鶴田141-1

■活動場所
猪苗代町体験交流館【学びいな】 〒969-3123 福島県耶麻郡猪苗代町鶴田141-1

■募集人数
30人

■宿泊
民宿(自費)詳細 http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2424

■参加費
無料

■お申し込み方法
詳細内容は下記からご覧ください
http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2424
サイトから申し込みが出来ます。

■主催団体
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク

■お問合せ
happy.island311@gmail.com

■情報元URL
http://happy-island.moo.jp/

■団体情報
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク
所在地:
〒962-0403
福島県須賀川市滑川字東町327-1
090-5237-4312(スズキ)
E-mail
happy.island311@gmail.com

■その他・備考
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークは東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後、福島に住むという事に正面から向き合い、多岐にわたる様々な問題を共有しながら、今を見つめ未来を考える活動をしています。ボランティアに参加しながら一緒に考えてみませんか?お待ちしています。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010537
主催団体
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
タグ
タイトル
【平成30年7月豪雨】真備町 災害ボランティア募集(宿泊所有り)
概要

岡山県倉敷市の真備地区の被害は甚大で、発災から2カ月が経過しようとしている今でも、浸水した家屋の清掃などボランティアの手が必要とされています。しかしボランティアの数は減り始めており、一日も早く生活ができる居住空間を被災者の手に戻すため、グッドネーバーズ・ジャパンはボランティアの拠点となる宿泊所「GNJPボランティアベース」を運営する運びとなりました。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
16 歳 〜 65 歳
その他の条件

・高校生以上〜65歳以下の健康な方
・未成年者の参加の場合は、保護者の合意書が必要です。
・現地到着までに、各自治体の社会福祉協議会にて、「ボランティア保険天災タイプ」
集合時、未加入の場合は参加の受付が出来ません。
・申込みフォームでの事前申し込みが必要です。(宿泊希望日の3日前まで)
・現地での活動に必要な衣類や日用品を準備できる方(作業道具は貸し出しします)。
・他の参加者や担当職員と円滑なコミュニケーションがとれ、共同生活を送れる方。
・2泊以上の利用の方を優先します。
・宿泊所内やボランティア活動において不適切な行動や態度が見られた場合、ボランティアベースの利用をお断りすることがあります。

活動内容

・家屋の清掃、荷物や土砂の運び出しなど
・ボランティアの送迎(7人乗り以上の車を持ち込みできる方)
・作業用資機材の運搬(軽トラを持ち込みできる方)
・床板はがし、解体作業(大工・建設現場経験のある方)

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-10 〜 2018-09-30
活動日
随時 (2018-09-10 〜 2018-09-30)
表示日時

随時募集

活動場所
指定なし/不明

,
集合場所
岡山県
浅口市金光町
34.5443091, 133.6181816
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

各日14名(男性7名、女性7名)

宿泊

あり

参加費

なし

申込み方法

下記の募集ページをご覧の上、専用フォームよりお申込みください。
http://www.gnjp.org/contents/reports/detail?report_id=889

画像URL

https://www.gnjp.org/donate/oneoff/emergency/common/images/westjapan/c_main.jpg

その他

■主催団体
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

■お問合せ
nakagawa@gnjp.org

■情報元URL
http://www.gnjp.org/

■団体情報
認定NPO法人 グッドネーバーズ・ジャパン

(東京事務所)
〒143-0016 
東京都大田区大森北 2-14-2 大森クリエイトビル3階
[Tel] 03-6423-1768 
[Fax] 03-6423-1766

旧補足

■条件
・高校生以上〜65歳以下の健康な方
・未成年者の参加の場合は、保護者の合意書が必要です。
・現地到着までに、各自治体の社会福祉協議会にて、「ボランティア保険天災タイプ」
集合時、未加入の場合は参加の受付が出来ません。
・申込みフォームでの事前申し込みが必要です。(宿泊希望日の3日前まで)
・現地での活動に必要な衣類や日用品を準備できる方(作業道具は貸し出しします)。
・他の参加者や担当職員と円滑なコミュニケーションがとれ、共同生活を送れる方。
・2泊以上の利用の方を優先します。
・宿泊所内やボランティア活動において不適切な行動や態度が見られた場合、ボランティアベースの利用をお断りすることがあります。

■活動内容
・家屋の清掃、荷物や土砂の運び出しなど
・ボランティアの送迎(7人乗り以上の車を持ち込みできる方)
・作業用資機材の運搬(軽トラを持ち込みできる方)
・床板はがし、解体作業(大工・建設現場経験のある方)

■活動日時
随時

■集合場所
浅口市金光町のボランティアベース

■活動場所
倉敷市真備町内の家屋等(倉敷市社会福祉協議会が運営する倉敷市災害VCで依頼を受けた作業を行います)

■募集人数
定員:各日14名(男性7名、女性7名)

■宿泊
可能

■参加費
なし

■お申し込み方法
webサイト
下記の募集ページをご覧の上、専用フォームよりお申込みください。
http://www.gnjp.org/contents/reports/detail?report_id=889

■主催団体
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

■お問合せ
nakagawa@gnjp.org

■情報元URL
http://www.gnjp.org/

■団体情報
認定NPO法人 グッドネーバーズ・ジャパン

(東京事務所)
〒143-0016 
東京都大田区大森北 2-14-2 大森クリエイトビル3階
[Tel] 03-6423-1768 
[Fax] 03-6423-1766

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010536
主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA
タグ

東日本大震災

タイトル
【9/15-16 浦安市】『ウラヤスフェスティバル』お手伝いして頂ける方募集!
概要

岩手県陸前高田市で活動するNPO、一般社団法人SAVE TAKATAです! 今回は浦安市で開催される『ウラヤスフェスティバル』での陸前高田物産販売スタッフの募集です!

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

現地集合、現地解散出来る方

活動内容

岩手県陸前高田市の物産販売

カテゴリー

イベント

募集期間
〜 2018-09-14
活動日
  • 2018/09/15
  • 2018/09/16
表示日時

①2018年9月15日(土)9:00~21:00
②2018年9月16日(日)9:00~21:00

活動場所
千葉県
浦安市入船1丁目3
35.649698, 139.9135387
集合場所
千葉県
浦安市入船1丁目3
35.649698, 139.9135387
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

各日6名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
※参加希望日を記載ください。
http://takaentai.org/informations/event153/

画像URL

その他

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event153/

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

旧補足

■条件
現地集合、現地解散出来る方

■募集期間
2018年9月14日中(定員となり次第締切となります)

■活動内容
岩手県陸前高田市の物産販売

■活動日時
①2018年9月15日(土)9:00~21:00、②2018年9月16日(日)9:00~21:00

■集合場所
新浦安駅前エリア(〒279-0012 千葉県浦安市入船1丁目3)

■活動場所
新浦安駅前エリア(〒279-0012 千葉県浦安市入船1丁目3)

■募集人数
各日6名

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
以下のサイト最下部の応募フォームからご応募下さい。
※参加希望日を記載ください。
http://takaentai.org/informations/event153/

■主催団体
一般社団法人SAVE TAKATA

■お問合せ
volunteer@savetakata.org

■情報元URL
http://takaentai.org/informations/event153/

■写真

■団体情報
SAVE TAKATAは、岩手県陸前高田市で活動するNPOです。
東日本大震災発災後、陸前高田市への緊急支援をきっかけに立ち上がりました。
「地域課題を解決する仕組みをつくる」ことを目的に、ICT事業、教育事業、観光事業のそれぞれの分野で、地域の行政、民間、企業と連携して事業に取り組んでおります。

■その他・備考
終日の参加でなくても構いません。
終日が難しい方は、応募時に参加可能時間の明記をお願いいたします。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010535
主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【10月福島県いわき市】初心者歓迎!復興支援住宅での足湯を使った傾聴ボランティア
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(17才以下の方は保護者の同意書が必要です)
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

・お茶っこ(お茶会)開催
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。
特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-11 〜 2018-10-10
活動日
  • 2018/10/20
  • 2018/10/21
表示日時

2018年10月20日(土) 朝7:00 新宿駅発 ~ 10月21日(日)21:00頃 新宿駅着 

活動場所
福島県
いわき市内の仮設住宅、復興支援住宅
,
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.6913294, 139.7059492
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

6人

宿泊

いわき湯本温泉 古滝屋 福島県いわき市常磐湯本町三函208 TEL:0246-43-2191 http://www.furutakiya.com/

参加費

無料
有志の方から 7,000円程度の寄付を頂きます。

申込み方法

メールでoyabun@mth.biglobe.ne.jp
まで、お名前、電話番号、生年月日をお送りください。

画像URL

https://www.freeml.com/bl/11855636/

その他

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

旧補足

■条件
・心身ともに健康な18歳以上の男女(17才以下の方は保護者の同意書が必要です)
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
2018年10月10日まで

■活動内容
・お茶っこ(お茶会)開催
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。
特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

■活動日時
2018年10月20日(土) 朝7:00 新宿駅発 ~ 10月21日(日)21:00頃 新宿駅着 

■集合場所
新宿駅西口の地下ロータリー(そこだけ天井が開いていて空が見える) 京王線側(JR改札を背にすると左手)に一般車両の停車スペースがあります。そこにお集まりください。

■活動場所
いわき市内の仮設住宅、復興支援住宅

■募集人数
6人

■宿泊
いわき湯本温泉 古滝屋 福島県いわき市常磐湯本町三函208 TEL:0246-43-2191 http://www.furutakiya.com/

■参加費
無料
有志の方から 7,000円程度の寄付を頂きます。

■お申し込み方法
メールでoyabun@mth.biglobe.ne.jp
まで、お名前、電話番号、生年月日をお送りください。

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010534
主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
どごても足湯隊が10月の足湯会津若松第34クルーを募集
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(17才以下の方は保護者の同意書が必要です)
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。
特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-11 〜 2018-10-10
活動日
  • 2018/10/13
  • 2018/10/14
表示日時

2018年10月13日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 10月14日(日)21:00頃 新宿着 

活動場所
福島県
会津若松市内の仮設住宅、復興支援住宅
,
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.6913294, 139.7059492
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

8人

宿泊

カトリック会津若松教会内信徒会館(会津若松市西栄町1-57 TEL/FAX: 0242-27-1447)に宿泊予定 (冷蔵庫、電子レンジ、コンロ、食器が宿泊施設完備、徒歩圏内にコンビニあり)

参加費

無料
有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

申込み方法

メールでoyabun@mth.biglobe.ne.jp
まで、お名前、電話番号、生年月日をお送りください。

画像URL

https://www.freeml.com/bl/11855636/

その他

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

旧補足

■条件
・心身ともに健康な18歳以上の男女(17才以下の方は保護者の同意書が必要です)
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
2018年10月10日まで

■活動内容
足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。
特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

■活動日時
2018年10月13日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 10月14日(日)21:00頃 新宿着 

■集合場所
新宿駅西口の地下ロータリー(そこだけ天井が開いていて空が見える) 京王線側(JR改札を背にすると左手)に一般車両の停車スペースがあります。そこにお集まりください。

■活動場所
会津若松市内の仮設住宅、復興支援住宅

■募集人数
8人

■宿泊
カトリック会津若松教会内信徒会館(会津若松市西栄町1-57 TEL/FAX: 0242-27-1447)に宿泊予定 (冷蔵庫、電子レンジ、コンロ、食器が宿泊施設完備、徒歩圏内にコンビニあり)

■参加費
無料
有志の方から 6,000円程度の寄付を頂きます。

■お申し込み方法
メールでoyabun@mth.biglobe.ne.jp
まで、お名前、電話番号、生年月日をお送りください。

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010533
主催団体
りす会山口
タグ

シニア

タイトル
【平成30年7月豪雨】山口でできる写真洗浄ボランティア:岡山・広島の被災写真
概要

東日本大震災で被災した写真を綺麗に洗って修正して、
被災者の方にお戻しする活動を行っていた「あらいぐま作戦in山口」です。
今回は、西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業をしています。
現地まではなかなか行けない、体力もない、写真洗浄なんてやったことがない、そんな方でもできる作業です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

活動内容

西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-09-06 〜 2018-09-28
活動日
  • 2018/09/08
  • 2018/09/15
  • 2018/09/22
  • 2018/09/29
表示日時

2018年9月8,15,22,29日 いずれも(土)9:00-17:00

活動場所
山口県
山口市阿東徳佐中3425-1
34.3986405, 131.7213199
集合場所
山口県
山口市阿東徳佐中3425-1
34.3986405, 131.7213199
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

各回10名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

webサイト
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

画像URL

その他

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

旧補足

■条件
どなたでも参加できます。
初めての方でもできる作業です。
山口県内でできるボランティア活動になります。
半日だけでも歓迎です。
継続してご参加頂けましたらさらに助かります。

■募集期間
2018年9月28日まで

■活動内容
西日本豪雨災害で倉敷市真備町・広島県で被災した写真の洗浄作業

■活動日時
2018年9月8,15,22,29日 いずれも(土)9:00-17:00

■集合場所
阿東地域交流センター(山口市阿東徳佐中3425-1)

■活動場所
阿東地域交流センター(山口市阿東徳佐中3425-1)

■募集人数
各回10名

■宿泊
不可能

■参加費
0円

■お申し込み方法
webサイト
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

「山口 あらいぐま作戦」で検索し、ホームページの募集要項をよく読んだうえ、フォームからお申し込みください。

■主催団体
りす会山口

■お問合せ
yamaraiguma@gmail.com

■情報元URL
http://yamaraiguma.blog.fc2.com/

■団体情報
りす会山口
2011年10月11日から東日本大震災で被災した写真の洗浄活動をはじめ、その後も他の災害等で被災した写真を綺麗にして、現地の方にお返しする活動や、東北と山口を繋ぐ支援、防災・減災の啓発活動を続けています。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010532
主催団体
ボランティア団体どごても足湯隊
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【新宿発ボランティアバス】11/10(土)と11(日)足湯南相馬48クルー募集
概要

私たちは2013年からボランティアが集まり自主的に福島の方々に寄り添っているボランティア団体です。原発や津波で深い心の傷を負ってしまった福島の方々の話し相手となり、福島の方々の心の負担を少しでも軽減させたいと活動しています。心の復興のお手伝いをさせて頂いています。仮設住宅や復興支援住宅の集会所で足湯、お茶っこ(お茶会)を提供するボランティア活動です。どなたでもできる活動です。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方(足湯)
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

活動内容

・お茶っこ(お茶会)開催
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

カテゴリー

まちづくり・地域活性・産業支援

災害支援

募集期間
2018-09-06 〜 2018-11-07
活動日
  • 2018/11/10
表示日時

2018年11月10日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 11月11日(日)21:00頃 新宿着 

活動場所
福島県
南相馬市の復興支援住宅
,
集合場所
東京都
新宿区新宿3丁目
35.6913294, 139.7059492
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

8人

宿泊

可能
[現地での宿泊] 〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町1丁目15 カリタス南相馬
TEL:0244-26-7718
http://caritas.ctvc.jp/ http://www.facebook.com/ctvc.haramachi

参加費

無料
但し6,000円程度の寄付を頂く場合があります

申込み方法

メールにてお名前、電話番号、ご住所を記載のうえご応募ください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪宛
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

画像URL

https://www.freeml.com/bl/11855636/

その他

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

旧補足

■参加条件
・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
◎南相馬市は東京に比べ放射線が高い地域です。そのことを認識して自己責任で参加頂ける方
◎放射能が気になる方は、参加をご遠慮願います。
・仮設住宅の住民が心地よく過ごせるために気遣いしていただける方(足湯)
・自主的に現地での調整(ボランティア内のとりまとめ等)に参加していただける方
・平成30年度のボランティア保険(天災プラン)に加入済みの方

■募集期間
2018年11月7日まで

■活動内容
・お茶っこ(お茶会)開催
・足湯活動
足湯活動とは、足湯を提供することで被災者の方に心身ともにリラックスした時間を提供することで、被災者の心の負担を軽減させることを目的としたボランティアです。特に福島では震災直接死を震災関連死が上回るなどそのストレスは深刻を極めており、こうした幅広いケアが求められています。

■活動日時
2018年11月10日(土) 朝7:00 新宿発 ~ 11月11日(日)21:00頃 新宿着 

■集合場所
新宿駅西口の地下ロータリー(そこだけ天井が開いていて空が見える) 京王線側(JR改札を背にすると左手)に一般車両の停車スペースがあります。そこにお集まりください。

■活動場所
南相馬市の復興支援住宅

■募集人数
8人

■宿泊
可能
[現地での宿泊] 〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町1丁目15 カリタス南相馬
TEL:0244-26-7718
http://caritas.ctvc.jp/ http://www.facebook.com/ctvc.haramachi

■参加費
無料
但し6,000円程度の寄付を頂く場合があります

■お申し込み方法
メールにてお名前、電話番号、ご住所を記載のうえご応募ください。
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪宛
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■主催団体
ボランティア団体 どごても足湯隊

■お問合せ
oyabun@mth.biglobe.ne.jp

■情報元URL
http://www.freeml.com/bl/11855636/

■団体情報
ボランティア団体 どこでも足湯隊
世話役 久保田 正雪
oyabun@mth.biglobe.ne.jp
070-5589-5552

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010531
主催団体
被災写真洗浄活動@流山
タグ

東日本大震災

タイトル
【2018年9月 千葉県流山市】 津波による被災写真の洗浄とデジタル化 参加者募
概要

津波に流されてしまい集められた品々の中に、大切な思い出が詰まった写真・アルバム類が多くありました。今でも汚れたまま保管され、持ち主不明で手元に戻っていないものも多くあります。持ち主の元へ届くよう、現地から写真をお預かりし、千葉県流山市で洗浄作業とデジタル化を行い、現地にお戻しします。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

活動内容

津波による被災写真の洗浄とデジタル化

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-08-29 〜 2018-09-30
活動日
  • 2018/09/01
  • 2018/09/02
  • 2018/09/08
  • 2018/09/16
  • 2018/09/17
  • 2018/09/23
  • 2018/09/24
  • 2018/09/29
表示日時

9月1日(土)10:00-17:00 @第5会議室(3階)
9月2日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月8日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
9月16日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
9月17日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月23日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月24日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月29日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

活動場所
千葉県
流山市中110
35.8536018, 139.9175312
集合場所
千葉県

,
地図として表示させる場所
活動場所
募集人数

10名

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

画像URL

その他

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

旧補足

■条件
写真の専門家でなければ出来ない作業ではなく、どなたでも参加できるボランティア活動です。

■活動内容
津波による被災写真の洗浄とデジタル化

■活動日時
9月1日(土)10:00-17:00 @第5会議室(3階)
9月2日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月8日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
9月16日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
9月17日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月23日(日)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月24日(祝月)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
9月29日(土)10:00-17:00 @第3会議室(3階)
※土日祝日中心に活動しています。詳しくはブログまたはFacebookページをご参照ください。

■集合場所
直接活動場所にお越しください

■活動場所
流山市生涯学習センター(千葉県流山市中110/最寄り駅:流山セントラルパーク駅)

■募集人数
10名

■参加費
参加費はかかりません

■お申し込み方法
①申し込みフォームでエントリー(http://goo.gl/LkMIox)
②メールでエントリー(guma.nagareyama@gmail.com)
③Facebookからエントリー(https://www.facebook.com/guma.nagareyama)
※申し込みの際、参加希望の時間帯も記して下さい

■主催団体
被災写真洗浄活動@流山

■お問合せ
guma.nagareyama@gmail.com

■情報元URL
http://ameblo.jp/sunnyblog/

■団体情報
被災写真洗浄活動@流山
ブログ:http://ameblo.jp/sunnyblog/
Facebookページ:https://www.facebook.com/guma.nagareyama

■その他・備考
汚れてもよい服装でいらしてください。エプロンを着用される方もいます。
マスク、手袋は会場に用意していますが、お持ちの方は持参して頂けると助かります。
手袋は手にフィットする極薄手のニトリル手袋が使いやすいです。
12:00から13:00までお昼休みです。施設内に喫茶店があります。
初めて参加される方には作業前にオリエンテーションを行います。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010530
主催団体
グリーンボランティア事務局
タグ

高校生

タイトル
Local Green Frestival2018 グリーンボランティア大募集!
概要

横浜赤レンガ倉庫がボタニカルガーデンに変身!
3つのステージ、30組のミュージシャン・DJによるライブ、ボタニカルショップが集まった日本最大級のグリーンマーケット。
グリーンボランティアはこのイベントをクリーンにキープするナビゲーターとして分別のナビゲート・場内清掃を楽しく素敵にカッコよく行います!
共にLocal Green Festivalを盛り上げませんか?
みなさまのご参加を心からお待ちしております。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
16 歳 〜
その他の条件

・高校生以上
・事前説明会への参加必須
上記以外、ボランティア応募に関する特別な資格制限はありません。
性別、国籍等に関わらず、幅広く募集します。
コミュニケーションがきちんと取れて、
明るく元気で健全な方であれば、どなたでもご参加いただけます!

活動内容

ごみ・資源分別の呼びかけ、資源回収とリサイクルその他各種準備など

カテゴリー

イベント

募集期間
2018-08-22 〜 2018-08-28
活動日
  • 2018/09/01
  • 2018/09/02
表示日時

2018年9月1日(土)・9月2日(日)

活動場所
神奈川県
横浜赤レンガ倉庫・イベント広場 (神奈川県横浜市中区新港1丁目1)
35.452357, 139.639649
集合場所
神奈川県
横浜赤レンガ倉庫・イベント広場 (神奈川県横浜市中区新港1丁目1)
35.4522984, 139.6431304
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

お申し込みは下記のサイトよりお願いいたします。
https://ws.formzu.net/fgen/S51073594/

画像URL

http://localgreen.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/main.jpg

その他

■主催団体
グリーンボランティア事務局

■お問合せ
TEL 03-6427-1085

■情報元URL
http://localgreen.jp/

■団体情報
Local Green Festival グリーンボランティア管理事務局
(株)グリーンアップル
150-0002 東京都渋谷区渋谷1-20-24-504
TEL 03-6427-1085 FAX 03-6418-6607
event@greenapple.jp

旧補足

■条件
・高校生以上
・事前説明会への参加必須
上記以外、ボランティア応募に関する特別な資格制限はありません。
性別、国籍等に関わらず、幅広く募集します。
コミュニケーションがきちんと取れて、
明るく元気で健全な方であれば、どなたでもご参加いただけます!

■募集期間
〜2018年8月28日まで

■活動内容
ごみ・資源分別の呼びかけ、資源回収とリサイクルその他各種準備など

■活動日時
2018年9月1日(土)・9月2日(日)

■集合場所
横浜赤レンガ倉庫・イベント広場 (神奈川県横浜市中区新港1丁目1)

■活動場所
横浜赤レンガ倉庫・イベント広場 (神奈川県横浜市中区新港1丁目1)

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
お申し込みは下記のサイトよりお願いいたします。
https://ws.formzu.net/fgen/S51073594/

■主催団体
グリーンボランティア事務局

■お問合せ
TEL 03-6427-1085

■情報元URL
http://localgreen.jp/

■団体情報
Local Green Festival グリーンボランティア管理事務局
(株)グリーンアップル
150-0002 東京都渋谷区渋谷1-20-24-504
TEL 03-6427-1085 FAX 03-6418-6607
event@greenapple.jp

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010529
主催団体
ゼビオグループ
タグ

シニア

高校生

スポーツボランティア

タイトル
9/23(日)福島で開催されるヴィクトリアゴルフグランドマスターズの運営ボラ募集
概要

来る2018年9月22日(土)23日(日)の2日間、日本プルゴルフ協会(PGA)後援競技「ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ2018 Powered by アンダーアーマー」が福島県いわき市の「五浦庭園カントリークラブ」にて開催されます。今大会はボランティア活動に力を入れ、地元に密着した素晴らしいトーナメントを目指しております。大会を盛り上げるべく皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

情報入手先
メール
年齢条件
18 歳 〜
その他の条件

・18歳以上(未成年の方は親の同意が必要)
・スポーツが好きな方
・トップレベルのスポーツ大会運営に関わりたい人・スポーツ業界に興味のある方
・コミュニケーション能力を有している方(英語は必須ではありません)
・上記活動時間の参加をコミットできる方
・ボランティアスタッフとしてイベントの成功に貢献したい方
・ボランティアスタッフとして適切なマナーと常識で協力できる方
※不適切な行為があった場合は退場してもらうこともございます。
・現地への移動中、またボランティアスタッフとして開催中に生じた事故について、主催者(LOC)は一切責任を負わない
ことをご了承ください。
※未成年の場合は参加者ご本人および保護社による誓約書を事前に提出いただきます。

活動内容

・スコアラー
・ハーフチェック・カード運搬
・受付業務 等
※ゴルフの知識等は必須ではありません。

カテゴリー

スポーツ

募集期間
2018-08-20 〜 2018-09-10
活動日
  • 2018/09/23
表示日時

2018年9月23日(日)6:00集合/15:30終了予定

活動場所
福島県
いわき市勿来町窪田大槻193-1
36.8749471, 140.7594392
集合場所
福島県
五浦庭園カントリークラブ(住所:いわき市勿来町窪田大槻193-1)
36.8749471, 140.7594392
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

■お申し込み方法
以下の必要事項をメールにて担当の生田までお送りください。
ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ事務局(クロススポーツマーケティング株式会社内)
担当:生田(risaikuta@xsmktg.com)
・氏名(ふりがな)
・性別
・年齢
・職業
・住所
・電話番号
・当日駐車場利用の有無

画像URL

その他

■主催団体
ゼビオグループ

■お問合せ
担当:生田 risaikuta@xsmktg.com

■情報元URL
http://vgmasters.jp/index.html

■その他・備考
【大会概要】
大会名称:ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ2018 Powered by アンダーアーマー
主催:ゼビオグループ
共催:一般財団法人日本スポーツ振興会
特別協賛:株式会社ドーム(アンダーアーマー)
後援:公益社団法人日本プロゴルフ協会、福島県、いわき市、東北ゴルフ連盟、福島県ゴルフ連盟、福島県ゴルフプロ会
企画運営:クロススポーツマーケティング株式会社
競技運営:PGAツアー競技部
開催日程:2日間
2018年 9月22日(土)プロアマトーナメント
※プロ30名/招待アマ90名
9月23日(日)本大会
※プロ30名/アマチュア60名
開催会場:五浦庭園カントリークラブ
〒979-0141福島県いわき市勿来町窪田大槻193-1
賞金総額:10,000,000円

旧補足

■条件
・18歳以上(未成年の方は親の同意が必要)
・スポーツが好きな方
・トップレベルのスポーツ大会運営に関わりたい人・スポーツ業界に興味のある方
・コミュニケーション能力を有している方(英語は必須ではありません)
・上記活動時間の参加をコミットできる方
・ボランティアスタッフとしてイベントの成功に貢献したい方
・ボランティアスタッフとして適切なマナーと常識で協力できる方
※不適切な行為があった場合は退場してもらうこともございます。
・現地への移動中、またボランティアスタッフとして開催中に生じた事故について、主催者(LOC)は一切責任を負わない
ことをご了承ください。
※未成年の場合は参加者ご本人および保護社による誓約書を事前に提出いただきます。

■募集期間
2018年8月20日〜9月10日(月)

■活動内容
・スコアラー
・ハーフチェック・カード運搬
・受付業務 等
※ゴルフの知識等は必須ではありません。

■活動日時
2018年9月23日(日)6:00集合/15:30終了予定

■集合場所
五浦庭園カントリークラブ(住所:福島県いわき市勿来町窪田大槻193-1)

■活動場所
五浦庭園カントリークラブ(住所:福島県いわき市勿来町窪田大槻193-1)

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
以下の必要事項をメールにて担当の生田までお送りください。
ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ事務局(クロススポーツマーケティング株式会社内)
担当:生田(risaikuta@xsmktg.com)
・氏名(ふりがな)
・性別
・年齢
・職業
・住所
・電話番号
・当日駐車場利用の有無

■主催団体
ゼビオグループ

■お問合せ
担当:生田 risaikuta@xsmktg.com

■情報元URL
http://vgmasters.jp/index.html

■その他・備考
【大会概要】
大会名称:ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ2018 Powered by アンダーアーマー
主催:ゼビオグループ
共催:一般財団法人日本スポーツ振興会
特別協賛:株式会社ドーム(アンダーアーマー)
後援:公益社団法人日本プロゴルフ協会、福島県、いわき市、東北ゴルフ連盟、福島県ゴルフ連盟、福島県ゴルフプロ会
企画運営:クロススポーツマーケティング株式会社
競技運営:PGAツアー競技部
開催日程:2日間
2018年 9月22日(土)プロアマトーナメント
※プロ30名/招待アマ90名
9月23日(日)本大会
※プロ30名/アマチュア60名
開催会場:五浦庭園カントリークラブ
〒979-0141福島県いわき市勿来町窪田大槻193-1
賞金総額:10,000,000円

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010528
主催団体
め組JAPAN
タグ

シニア

高校生

平成30年7月豪雨

タイトル
【平成30年7月豪雨】め組JAPANが倉敷市真備町での復興支援ボランティア募集
概要

現在、め組JAPANでは、岡山県倉敷市真備町へ現地入りし、現場でのボランティア活動、ボランティアの受け入れ施設 (ボランティアビレッジ) の運営の2業務を行なっています。
そのため、ボランティア活動の作業内容は被災家屋内の片付け・清掃・床下の洗浄(ガテンチーム)、真備美しい森ボランティアビレッジの清掃・料理(エンジェル班)など、男女問わず様々ございます。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

車で現地まで来れる方

活動内容

・被災家屋内の片付け・清掃・床下の洗浄(ガテンチーム)
・真備美しい森ボランティアビレッジの清掃・料理(エンジェル班)

カテゴリー

災害支援

募集期間
2018-08-16 〜 2018-12-31
活動日
随時 (2018-08-16 〜 2018-12-31)
表示日時

ボランティアの活動時刻は、原則8:00〜16:00です。
(お昼休憩・小休憩有り、また活動内容によっては時間が前後する場合があります)

活動場所
指定なし/不明

,
集合場所
岡山県
倉敷市真備町市場1647
34.6446515, 133.655085
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

宿泊

あり
宿泊を希望される方はwebフォームからお申し込みをお願いします(活動とは別に必要です)。
https://reserva.be/mabivolunteervillage

参加費

なし

申込み方法

webサイトのフォームよりお申し込みください。
https://39auto.biz/maketheheaven/touroku/megumistaff.htm

画像URL

その他

■アクセス
真備美しい森ボランティアビレッジ(岡山県倉敷市真備町市場1647)までお車でお越しください。
メインの道が崩れて、細い道をくねくねといく場所になります。車でしかここまで来れません。呉妹小学校(クレセ)を経由して真備美しい森にお越しください。

■Q&A
Q.どこに何時に行けば良いですか?
A.真備美しい森ボランティアビレッジの大広間に、7時50分までにお越しください。8時から朝礼になります。

​​Q.車で参加しようと思うのですが大丈夫ですか?
A.車でお越し頂けても大丈夫です。ビレッジに置いて、乗り合わせで現場に行くことになります。乗り合わせの車として使わせいただけたら助かります。また、7〜8人乗りのお車だと嬉しいです。

Q.どのようなボランティアがありますか?
A.ボランティアにはその時々のステージやニーズの変化に応じて様々な種類があります。
例:物資配送、電話対応、
ガテン系(重機・分別/ガレキ処理、農家支援、引っ越しなどの力仕事中心ですが分別作業など女性の方にもご参加頂いております)
避難所運営のサポート、避難所でのメンタルサポート、引っ越し手伝い、炊き出しなど

Q.必要なものは何ですか?
A.基本的に活動で必要なものはこちらでご用意しておりますが、ガテンチームを希望の場合は、長そで長ズボン、長靴または安全靴(踏み抜き防止入り)、ゴム手袋、ラバー軍手を推奨しております。

Q.ボランティア保険はありますか?
A.ボランティア保険は必ず出発前に最寄りの社会福祉協議会で加入して来てください。加入されていない場合、活動が出来ません。

Q.何時から何時がボランティア活動の時間ですか?1日の流れを教えて下さい。
A.以下は、一例ですので、場所や内容によって前後します。お時間に制限がある方は、ご相談下さい。当日の集合は朝8時にボランティアビレッジとなっております。※活動の割り振りや注意事項のご説明等を行います。 (基本的に遅れてのご参加はできませんので予めご了承ください。)

【ボランティアの1日の流れ】
8:00 ビレッジ集合・朝礼・チーム振り分け
9:00 ビレッジ出発
9:30〜16:00 ボランティア活動(昼食・小休憩含む)17:00 ビレッジ到着(終礼&シェアリング)終了後、解散

​​​Q.ボランティア活動は初めてなのですが大丈夫ですか?
A.初めてでも問題ございません。たくさんの方が初めての参加でご活動頂いております。
複数の活動を体験して自分に合った活動をリピートして頂いているボランティアさんもいらっしゃいます。各セクションリーダーが指示/誘導をさせて頂きますので安心してご参加下さい。

​Q.子ども(中学生以下)の参加は出来ますか?
保護者同伴が条件になります。保護者の責任のもと活動していただきます。 高校生は親の同意書をご準備ください。

■注意事項
下記内容を確認のうえ、了承いただける方のみご登録ください。
・支援に入るにあたっての事故や負傷、全て自己責任となります。
・道路や交通の状態は各自でお調べください。
・ボランティア保険は、お近くの社会福祉協議会で加入を済ませてお越しください。(年度加入になります。4月1日以降に加入済みの方は大丈夫です。)

■申し込み方法
webサイトのフォームよりお申し込みください。
https://39auto.biz/maketheheaven/touroku/megumistaff.htm

■掲載元URL
https://www.makehappystory.com/megumi-support2

■お問い合わせ
megumi@make-happy-story.com
080-2300-1342(本部)

■参考
ボランティア活動を希望される方は、以下のHPに活動時の服装や持ち物、心構えなどが記載してありますので、ご参照のうえ準備をしていただきますようお願いいたします。

レスキューストックヤード 「災害ボラの予備知識」
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

全国社会福祉協議会 「災害時のボランティア活動について」
http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html

旧補足

■参加条件
車で真備美しい森ボランティアビレッジまでお越しいただける方

■アクセス
真備美しい森ボランティアビレッジ(岡山県倉敷市真備町市場1647)までお車でお越しください。
メインの道が崩れて、細い道をくねくねといく場所になります。車でしかここまで来れません。呉妹小学校(クレセ)を経由して真備美しい森にお越しください。

■活動日
随時

■活動時間
ボランティアの活動時刻は、原則8:00〜16:00です。
(お昼休憩・小休憩有り、また活動内容によっては時間が前後する場合があります)

■活動内容
・被災家屋内の片付け・清掃・床下の洗浄(ガテンチーム)
・真備美しい森ボランティアビレッジの清掃・料理(エンジェル班)

■宿泊について
あり
宿泊を希望される方はwebフォームからお申し込みをお願いします(活動とは別に必要です)。
https://reserva.be/mabivolunteervillage

■Q&A
Q.どこに何時に行けば良いですか?
A.真備美しい森ボランティアビレッジの大広間に、7時50分までにお越しください。8時から朝礼になります。

​​Q.車で参加しようと思うのですが大丈夫ですか?
A.車でお越し頂けても大丈夫です。ビレッジに置いて、乗り合わせで現場に行くことになります。乗り合わせの車として使わせいただけたら助かります。また、7〜8人乗りのお車だと嬉しいです。

Q.どのようなボランティアがありますか?
A.ボランティアにはその時々のステージやニーズの変化に応じて様々な種類があります。
例:物資配送、電話対応、
ガテン系(重機・分別/ガレキ処理、農家支援、引っ越しなどの力仕事中心ですが分別作業など女性の方にもご参加頂いております)
避難所運営のサポート、避難所でのメンタルサポート、引っ越し手伝い、炊き出しなど

Q.必要なものは何ですか?
A.基本的に活動で必要なものはこちらでご用意しておりますが、ガテンチームを希望の場合は、長そで長ズボン、長靴または安全靴(踏み抜き防止入り)、ゴム手袋、ラバー軍手を推奨しております。

Q.ボランティア保険はありますか?
A.ボランティア保険は必ず出発前に最寄りの社会福祉協議会で加入して来てください。加入されていない場合、活動が出来ません。

Q.何時から何時がボランティア活動の時間ですか?1日の流れを教えて下さい。
A.以下は、一例ですので、場所や内容によって前後します。お時間に制限がある方は、ご相談下さい。当日の集合は朝8時にボランティアビレッジとなっております。※活動の割り振りや注意事項のご説明等を行います。 (基本的に遅れてのご参加はできませんので予めご了承ください。)

【ボランティアの1日の流れ】
8:00 ビレッジ集合・朝礼・チーム振り分け
9:00 ビレッジ出発
9:30〜16:00 ボランティア活動(昼食・小休憩含む)17:00 ビレッジ到着(終礼&シェアリング)終了後、解散

​​​Q.ボランティア活動は初めてなのですが大丈夫ですか?
A.初めてでも問題ございません。たくさんの方が初めての参加でご活動頂いております。
複数の活動を体験して自分に合った活動をリピートして頂いているボランティアさんもいらっしゃいます。各セクションリーダーが指示/誘導をさせて頂きますので安心してご参加下さい。

​Q.子ども(中学生以下)の参加は出来ますか?
保護者同伴が条件になります。保護者の責任のもと活動していただきます。 高校生は親の同意書をご準備ください。

■注意事項
下記内容を確認のうえ、了承いただける方のみご登録ください。
・支援に入るにあたっての事故や負傷、全て自己責任となります。
・道路や交通の状態は各自でお調べください。
・ボランティア保険は、お近くの社会福祉協議会で加入を済ませてお越しください。(年度加入になります。4月1日以降に加入済みの方は大丈夫です。)

■申し込み方法
webサイトのフォームよりお申し込みください。
https://39auto.biz/maketheheaven/touroku/megumistaff.htm

■掲載元URL
https://www.makehappystory.com/megumi-support2

■お問い合わせ
megumi@make-happy-story.com
080-2300-1342(本部)

■参考
ボランティア活動を希望される方は、以下のHPに活動時の服装や持ち物、心構えなどが記載してありますので、ご参照のうえ準備をしていただきますようお願いいたします。

レスキューストックヤード 「災害ボラの予備知識」
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

全国社会福祉協議会 「災害時のボランティア活動について」
http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010527
主催団体
閖上さいかい市場 ボランティア事務局
タグ

東日本大震災

シニア

タイトル
【8/19(日)名取市・閖上さいかい市場夏のイベント】イベント運営ボラ募集!
概要

2018年8月19日(日)、名取市復興仮設店舗 閖上さいかい市場におきまして、夏のイベント【さいかい 感謝の夕べ】を開催致します!当日はビアガーデン・出店・こども縁日コーナー・ステージショーなど、美味しく楽しいイベントが盛りだくさんです☆閖上さいかい市場としては、最後の夏のイベントとなります!こちらのイベント運営をぜひお手伝い頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します!

情報入手先
メール
年齢条件
その他の条件

平成30年度のボランティア保険にご加入の上、ご参加頂きますようお願い致します。

活動内容

カテゴリー

イベント

災害支援

募集期間
2018-08-10 〜 2018-08-17
活動日
  • 2018/08/19
表示日時

2018年8月19日(日)13:00−20:00頃

活動場所
指定なし/不明

,
集合場所
宮城県
名取市復興仮設店舗 閖上さいかい市場 (宮城県名取美田園7丁目1-1)
38.1617413, 140.9083874
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

10人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールで、件名に「8月19日(日)」とご記入頂きまして、
①お名前
②電話番号
③生年月日
④メールアドレス
⑤ご所属
を明記の上、閖上さいかい市場ボランティア事務局:大友(otomo.saikai@gmail.com)まで、ご連絡を宜しくお願い致します。

画像URL

その他

■主催団体
閖上さいかい市場 ボランティア事務局

■お問合せ
ご不明な点がございましたら、閖上さいかい市場ボランティア事務局:大友(otomo.saikai@gmail.com)まで、お気軽にご連絡をお願い致します!

■情報元URL
https://natori.in-shoko.com/saikai_ichiba/

■名取市復興仮設店舗 閖上さいかい市場について
3月11日、東日本大震災の影響を大きく受けた閖上地区。地域住民の復興の願いが込められた仮設店舗、「閖上さいかい市場」が2012年2月4日にオープン致しました。被災によって停止していた事業の「再開」、お客様との「再会」を目指し、新たな一歩を踏み出します。
閖上さいかい市場 ボランティア事務局では、閖上さいかい市場での、沢山のさいかい・繋がりをつくるお手伝いをさせて頂くために、イベント・情報発信等のボランティアとして、活動しております。

旧補足

■参加条件
平成30年度のボランティア保険にご加入の上、ご参加頂きますようお願い致します。

■募集期間
2018年8月10日(金)〜17日(金)

■活動内容
会場設営や出店での販売、受付け・こども縁日コーナー、片付けのお手伝い等

■活動日時
2018年8月19日(日)13:00−20:00頃
13:00 閖上さいかい市場に現地集合でお願いします
13:00−14:00 打ち合わせ、会場設営、準備
14:00−20:00 イベントのお手伝い(途中、休憩もお取り頂きます)
20:00− 会場の片付け、終了(イベントは20時までですが、途中でも、ご都合のよろしい時間までのご参加でも大丈夫です!)

■集合場所
名取市復興仮設店舗 閖上さいかい市場 (宮城県名取美田園7丁目1-1)

■募集人数
10人

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールで、件名に「8月19日(日)」とご記入頂きまして、
①お名前
②電話番号
③生年月日
④メールアドレス
⑤ご所属
を明記の上、閖上さいかい市場ボランティア事務局:大友(otomo.saikai@gmail.com)まで、ご連絡を宜しくお願い致します。

■主催団体
閖上さいかい市場 ボランティア事務局

■お問合せ
ご不明な点がございましたら、閖上さいかい市場ボランティア事務局:大友(otomo.saikai@gmail.com)まで、お気軽にご連絡をお願い致します!

■情報元URL
https://natori.in-shoko.com/saikai_ichiba/

■名取市復興仮設店舗 閖上さいかい市場について
3月11日、東日本大震災の影響を大きく受けた閖上地区。地域住民の復興の願いが込められた仮設店舗、「閖上さいかい市場」が2012年2月4日にオープン致しました。被災によって停止していた事業の「再開」、お客様との「再会」を目指し、新たな一歩を踏み出します。
閖上さいかい市場 ボランティア事務局では、閖上さいかい市場での、沢山のさいかい・繋がりをつくるお手伝いをさせて頂くために、イベント・情報発信等のボランティアとして、活動しております。

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura
ID:0000010526
主催団体
特定非営利活動法人RAY of HOPE
タグ

東日本大震災

シニア

高校生

タイトル
8月11日盛岡での100万人の線香花火ナイトのボランティアスタッフ募集!
概要

東日本大震災の追悼と記憶の伝承を目的とした100万人の線香花火ナイトを盛岡でも開催いたします。
イベントを開催する8月11日当日のボランティアスタッフを募集いたします。
当日は、朝から、同時開催する、キャンドルナイトの準備として、キャンドルホルダーになるペットボトルの加工、キャンドルナイトの準備、ライブ準備、参加者への案内等をお願いします。
性別年齢問わず、どなたでも大歓迎です!
ぜひご参加ください。

情報入手先
指定なし/不明
年齢条件
その他の条件

特になし

活動内容

ペットボトルでキャンドルホルダーの制作
キャンドルナイトの準備
ライブ準備
参加者誘導

カテゴリー

イベント

まちづくり・地域活性・産業支援

子供・教育

災害支援

募集期間
2018-08-01 〜 2018-08-10
活動日
  • 2018/08/11
表示日時

8月11日(土)10:00-20:00

活動場所
岩手県
SoRa cafe feat.waffle cafe Sign(岩手県盛岡市北飯岡1丁目2-10)
39.679655, 141.1335947
集合場所
岩手県
SoRa cafe feat.waffle cafe Sign(岩手県盛岡市北飯岡1丁目2-10)
39.679655, 141.1335947
地図として表示させる場所
集合場所
募集人数

3人

宿泊

なし

参加費

なし

申込み方法

メールにてお名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所を記載のうえ、「8/11のSoracafeでの線香花火ナイトのボランティア募集の件」と記載のうえ3.11kibounohikari@gmail.comまでメールでお申し込みください

画像URL

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=512x10000:format=jpg/path/s6f523177e4fd6d04/image/i0c4e6351edd8a260/version/1531382672/image.jpg

その他

■お問合せ
3.11kibounohikari@gmail.com

■情報元URL
https://kibounohikari.jimdo.com/

■団体情報
100万人の線香花火ナイト実行委員会
希望の光プロジェクト(NPO法人RAY of HOPE)
岩手県盛岡市三本柳一地割19-6-5
HP:https://kibounohikari311.jimdo.com/
TWITTER:https://twitter.com/hanabiyaalpha
Facebook:https://www.facebook.com/senkouhanabi/
MAIL:3.11kibounohikari@gmail.com
TEL080-6293-2740
FAX 0196-46-4853

旧補足

■募集期間
2018年8月1日〜8月10日

■活動内容
ペットボトルでキャンドルホルダーの制作
キャンドルナイトの準備
ライブ準備
参加者誘導

■活動日時
8月11日(土)10:00-20:00

■集合場所
SoRa cafe feat.waffle cafe Sign 岩手県 盛岡市北飯岡1丁目2-10

■活動場所
SoRa cafe feat.waffle cafe Sign 岩手県 盛岡市北飯岡1丁目2-10

■募集人数
3人

■宿泊
なし

■参加費
なし

■お申し込み方法
メールにてお名前、電話番号、メールアドレス、年齢、住所を記載のうえ、「8/11のSoracafeでの線香花火ナイトのボランティア募集の件」と記載のうえ3.11kibounohikari@gmail.comまでメールでお申し込みください

■主催団体
特定非営利活動法人RAY of HOPE

■お問合せ
3.11kibounohikari@gmail.com

■情報元URL
https://kibounohikari.jimdo.com/

■団体情報
100万人の線香花火ナイト実行委員会
希望の光プロジェクト(NPO法人RAY of HOPE)
岩手県盛岡市三本柳一地割19-6-5
HP:https://kibounohikari311.jimdo.com/
TWITTER:https://twitter.com/hanabiyaalpha
Facebook:https://www.facebook.com/senkouhanabi/
MAIL:3.11kibounohikari@gmail.com
TEL080-6293-2740
FAX 0196-46-4853

作成者
kitamura
最終更新者
kitamura